<   2019年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

南イタリア旅行2019 ⑫バーリから帰ります。まとめとサキちゃん。

2019年1月27日~2月3日 
南イタリア旅行をして参りました。
fuori stagione~シーズンオフ、ど真ん中。
⑪はこちらから




アンティキサポーリでの食事のあと、満腹でへろへろ。

ですが、チャータータクシーで楽々と宿泊のアルベルベッロへ。うとうと寝て帰るだけー。
レセプションに着いたのが16:30くらいだったかな。



レセプションの横の2階建トゥルッロ・ソヴラーノが開いてましたが、もう見学する気になりません。

お土産が少し足りないというので、一番近いお土産物屋さんへ。ここでも可愛いおばあちゃん😊😊。電卓なしでさっさか計算してました。


もう一度昨日の食材店に行くつもりが、食べ物はもういいやー。と、宿泊トゥルッロに戻って最後の夜をだらだらゴロゴロ過ごしました。荷物もしなきゃだったしね。

翌朝は雨と風で寒い寒い!!🌧️🌧️
この日が観光じゃなくて良かった~

8時にお迎えだったので付いてた朝食は食べられず。結局今回まともな朝食はマテーラだけでした。

キッチンの冷蔵庫に残ってた食材で朝ごはん。ブッラータはしっかり室温で。
アルタムーラのフォカッチャもね。
e0212073_18324760.jpg

ブッラータ、今、日本でも、あちこちで食べられます。一緒なんちゃうの???
と思ってた私が愚かでした。
ぜーーーんぜん違う!ほんとに全く別もの。美味しかった~🎵 アンティキサポーリでは出なかったから、買って良かった~☺️
e0212073_18324767.jpg



さてさて。お部屋を全部片付けて、バーリの空港へ。
天井に大きなアルタムーラのパンの宣伝が。
e0212073_18324851.jpg

e0212073_18324862.jpg


ローマの乗り換えではハンバーガー🍔(笑)
e0212073_18324840.jpg

美味しかった。
e0212073_13503489.jpg



ローマからの飛行機が飛び立ってやっと安心。なんとか終わりを迎えられそうです。


*****

今回、噂のポケトークを借りて行きました。
イタリア語の先生とは『超絶スーパー困った時にだけ使う』という約束でしたが、幸い飛行機も無事に飛び、使う機会はありませんでした。

ポケトークはWi-Fiなしで どこでも使えるというのがウリなのですが、『イモトのWi-Fi』で借りたらWi-Fiにつなげないと使えないタイプが来ました。お気をつけください。
e0212073_13503447.jpg

74ヵ国語に対応しています。スペイン語は4種類、フランス語は2種類、ズールー語とかスンダ語とかマラーティ語とか。どこや?


****

さてさてさて、
今回忙しくて旅行前に見たのは映画『アマルフィ』と、大阪の番組『ロケみつ』の『ヨーロッパ横断ブログ旅』のイタリア編だけ。
(『マカロニ』を探したけどTSUTAYAになかった)


ロケみつは
エヴァンゲリオン、アスカのコスプレ芸人稲垣早希ちゃんがサイコロ振りながらヨーロッパを旅するのですが、アルベルベッロやマテーラに行きます。(その前はヴェネチアやバーリも)。 


このあたり旅行なさる方にはおすすめです。ですが、ずいぶん前なのでTSUTAYAにもないかなー。

今回このブログの中で「後述後述」と書いてきたのがこれです。
そして、なんとタイムリーなことに、今朝のネットニュースで『稲垣早希ちゃん結婚!』とでてきました。
(ノ゚Д゚)ノ(ノ゚Д゚)ノ


イタリアには日本のアニメ好きがいて、アスカのコスプレしてたらたくさんの人が声をかけてきます。
「綾波レイはどこにいるの??」とかね。

e0212073_13513333.jpg

e0212073_13503464.jpg

e0212073_13503520.jpg

e0212073_17433098.jpg

e0212073_17433163.jpg


さきちゃんが休んだ窪みに入ってみたり。
e0212073_17402712.jpg

教会の前で半分万歳してみたり。
e0212073_17402766.jpg



というわけで、
まぁまぁ大きなトラブルはなく、楽しく帰って参りました。いろいろお教えいただいてありがとうございました。
また、旅行記にお付き合いいただいてありがとうございました。
今回はほんとにもうシーズンオフの真っ只中でしたので、何もご参考にならないですね。私もまたいい季節にリベンジしたいです。

e0212073_18010322.jpg


by pompelmo-24 | 2019-02-28 18:00 | 南イタリア旅行2019 | Comments(2)  

南イタリア旅行2019 ⑪パンとお城とアンティキサポーリ

2019年1月27日~2月3日 
南イタリア旅行をして参りました。
fuori stagione~シーズンオフ、ど真ん中。
⑩はこちらから。

アルベルベッロは2泊。
真ん中の1日をどう過ごすか。

プーリアにはアルベルベッロからみて南に素敵な可愛い行くべき街がたくさんあります。
・オストゥーニ
・マルティーナフランカ
・ロコロトンド
・ポリニャーノアマーレ
・ターラント
・ブリンディジ
・レッチェ  などなど。


しかーし、私が選んだのは北へ向かって、何年も何年も前から行きたかったカステルデルモンテとトラットリア・アンティキサポーリです。

もちろん自力での移動は無理なのでお願いしたのがプーリアインカミングの内山奈美さん。
行きたい場所を羅列する的お願いするとすぐにルートを提案してくださいます。やっぱりこうしたい!などいろいろ何度かメールで相談やりとりしたあと、結局全然違うことをお願いしたのですが快くスケジュールを組んでくださり、楽しい旅が実現しました。
さらに今回の旅行の懸念のひとつでもあったアンティキサポーリの予約も内山さんが引き受けてくださいました。これは助かった!

さて、当日、9時ぴったりにレセプション前にドライバーさんが来ました。日本語アテンドは無し。

まずはパンの街、アルタムーラへ向かいます。

アルタムーラでは30分。ミッションは3つ。
①例のパン屋さんへ行き、どでかパンを買う。
②聖堂横のバールでリキュールを買う。
③カゼイフィーチョでチーズを買う。


この、大きな大きなパンで有名な村です。
e0212073_16085302.jpg


『例のパン屋さん』創業1423年のサンタキアラ。大きなパンを買いますよー!
e0212073_16085310.jpg

e0212073_16085369.jpg

パン焼き釜ときれいに並べられた薪が印象的。たぶん創業以来使ってる釜。
e0212073_16085415.jpg

e0212073_16085421.jpg


しかーし、
「パンがやけるのは1時間後だよー」って😓😓😓
しかたないので、
「フォカッチャを、四分の1ください。」

このパンは売り物じゃなかったのかなー。
e0212073_17085526.jpg


しかし!
ここでぐずぐずしている暇はありません。このあたりのリキュール『パードレパパ』。その発祥のお店が聖堂横のバールとか。
それは行かなくちゃだわ。
e0212073_17085486.jpg

次のカゼイフィーチョへ走るので、夫はこのバールで待っててもらうことにしました。

奥の額の下の瓶がリキュール。3種類あるけど緑がノルマーレらしい。大きいのは重いので真ん中の大きさ。
e0212073_17085428.jpg


e0212073_17152173.jpg


素晴らしい聖堂でしたが見上げて横を走り抜けるのみ。ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
e0212073_17085572.jpg


聖堂裏のカゼイフィーチョ、チーズ屋さんへ。
モダンでかっこいいお店。

e0212073_12401843.jpg

e0212073_12401821.jpg

ピンぼけだけどショーケース。
e0212073_12401985.jpg


日本に持って帰るならね~・・・と考えてくださったけど、結局その日に食べるブッラータだけ購入。一応保冷袋も持っていってました。

小走りで時間内にミッションを終え
カステルデルモンテへ向かいます。

アルベルベッロを離れたらどこまでもどこまでもどこまでも永遠に続くオリーブ畑、、、、ではなく、チェリー🍒畑なんだって。フェロビア。さきちゃんが収穫してたね。(後述)
e0212073_12512083.jpg


アルタムーラを過ぎると景色は一変して石がゴロゴロ。
e0212073_12512071.jpg

『初めてのアフリカ』みたいな。(水どネタ)
e0212073_12512096.jpg


なーんにもない丘に突然八角形のお城がみえてきましたー。謎ばかりだそうです。
e0212073_12415350.jpg

13世紀、ローマ帝国のフェデリコ2世によって建てられたお城です。
e0212073_12415309.jpg

内側から。不思議な建物やねえ、
e0212073_12415436.jpg


中を ぐるりと回るだけですが、ここへ来れたという達成感が半端ない!


e0212073_12415478.jpg



そしてそして、いよいよアンティキサポーリ本店へ向かいます。
カステル・デル・モンテから30分くらいかな。


一番乗りでしたが全部のテーブルに予約の札があってすぐ満席になりました。平日のランチですのに。
e0212073_12512089.jpg

とんでもない前菜祭りとわかっていたのですが、
カメリエーレさんが「軽いよー、食べられるよー」と上手に勧めてくださるので、  
で・・では前菜とハーフのプリモ2種、セコンド、ドルチェのコースで。
ドキドキ、、、、。

そこからお皿がとぎれることなく出てきました。料理18品、ドルチェ5品。(当社調べ)
ワインはこの地方のでいいねって、シェフの名前の赤が1瓶どんと来て、(広尾でも飲めるやつ(笑))、手酌でついつい飲んでしまいます。

プリモはカメリエーレさんが数種類 口で説明してくださるのを聞いて決めます。事故の少なそうな(笑)ミネストラとトロッコリにしました。

無限前菜の数々。
e0212073_00215818.jpg


プリモが来たのでようやく前菜が終わったかと思いきや、そこから卵がきたり野菜スティックがきたり生野菜がきたり、もう何がなにやら。笑うしかない。 卵は海外では生は食べられないっていうから、今朝とれた新鮮なやつだよ!ってことかな。

野菜スティックと林檎は意外と口が変わって良かったんだけど、食べ終わったらまた同じものが出てきた‼️  とろっぽ!バスタバスタ!とか言いながらやっぱり林檎をポリポリ。
e0212073_00215823.jpg

お肉は豚と牛とサルシッチャ。美味しいから食べちゃうんどけどねー。


ドルチェ5種類の他に広尾でもでてくるアマーロとリモンチェッロ。
さらにはモスカートまできた。美味しいわぁ。美味しいけどさ。。。
e0212073_00215852.jpg

e0212073_00215846.jpg

e0212073_00215922.jpg


e0212073_00253244.jpg

トイレがかわいい。
e0212073_00253286.jpg

e0212073_00253206.jpg


シェフがいらっしゃいました。
日本からちょっとしたお土産を用意していたのでお渡しすることができ、お話して写真撮っていただいて、なんと、リチェッタ本にサインもいただきました。

もうお腹がはち切れそうで、帰りの車ではぐったりでしたが、とにかく、楽しくて美味しくて嬉しい1日でした。

続きは次回に。


by pompelmo-24 | 2019-02-26 23:24 | 南イタリア旅行2019 | Comments(2)  

南イタリア旅行2019 ⑩アルベルベッロのランチ

2019年1月27日~2月3日 
南イタリア旅行をして参りました。
fuori stagione~シーズンオフ、ど真ん中。
⑨はこちらから

ランチは「アルベルベッロではここ!」と教えていただいたお店を予約していました。
開いてて良かった‼️

L'aratraさん。
トゥルッロを改装したレストランです。
e0212073_17360434.jpg

e0212073_17360428.jpg

e0212073_17360445.jpg

e0212073_17360471.jpg



プーリアはとにかく前菜攻撃!と聞いていまして、でも食べたいので(笑)、アラートラ風前菜とチーマディラーペのオレキエッテを二人で分けます。以上!

出てくる出てくる!
食べる速度が出てくる速度に追い付きません。

e0212073_17435080.jpg

e0212073_17435072.jpg

e0212073_17435021.jpg

ついにはこんな感じに、、、、。
e0212073_17435069.jpg

お腹一杯だけど、パスタは半分だから大丈夫かなと思ってたら、結構な量がきました。
e0212073_17435187.jpg


ワインはプリミティーヴォ。
「ジンファンデルをあまり感じさせないプリミティーヴォお願いします」ってイタリア語を考えて行ったけれど、言うチャンスがなかった 💦

「プーリアへ行ったらトロイアやサーリチェサレンティーノを飲むといいよと言われました。」は言えた。
サーリチェサレンティーノはもう少し南のワインだから置いてないって。(←たぶん)
トロイアはボトルしかないって。(←たぶん)

私たちはあまり飲まないのでグラスワインになるのですよ。
e0212073_17474561.jpg

プーリア名物タラッリ
e0212073_17530238.jpg

お勘定お願いしたらこんな箱がきたよ。
e0212073_17474599.jpg

開けたら。
e0212073_17474557.jpg


レジのところで「日本人だよね? おーい!」と奥の厨房の、日本で働いてたって男の子を呼んでくれました。。
しかーし、日本語は全くわからない子。
┐(-。-;)┌

もー、そんな子、呼ばないでほしいわ(笑)。
駒沢に住んでて、リストランテホンダや銀座などで働いてたそうです。

と話してる時に、目の前をサッと名物シェフが通りすぎた。ご挨拶したかったわ。
e0212073_08225761.jpg


もう少し観光と思いましたが、お昼すぎはお昼休みで閉まっています。

主人は戻ってまた昼寝。
私は一人でまたうろうろ。\(^^)/

夕焼け。
e0212073_17530278.jpg


夜は簡単にすませましょう。
レセプションの女性に alimentariを教えてもらったので行ってみた。サルメリーアでした。ハム系やチーズの他、前菜がショーケースにたくさん! ひゃー♪ひゃー♪言いながらお店の人に相談しつついろいろ購入。

カポコッロを一切れくれたので「マルティーナフランカ?」と聞くと誉められました。
\(^^)/         
お店の中の写真も撮ればよかった。アルベルベッロに行かれたら是非。
e0212073_22310241.jpg
↑↓Googleマップより。
e0212073_22310207.jpg


そして、この日の夕食。\(^^)/
e0212073_17530207.jpg

この日の夜、寒かった~~!
暖かい空気は屋根裏の三角のところにたまってるんじゃないかな。

下着などたくさん着こんで寝ました。


さて、翌日はプーリア北部を回ります。
広尾のアンティキサポーリ本店にいきますよ。
とんでもない前菜祭りと聞いているので朝食を控えて欲しかったのですが、言ってきく夫ではありません。

困ったなーと思いながら朝食の場所へ行くと、なんだかしょぼい。シーズンオフですからねー。
しかーし、かえって、これがよかったんです。朝食を軽くすませて無限前菜に臨みます。

その様子は次回に。

e0212073_17530399.jpg

宿泊したトゥルッロあたりからの風景。
e0212073_22582438.jpg

e0212073_22582501.jpg


e0212073_22582590.jpg

続き⑪はこちらから。

ほんとに乗せてるだけみたいに見えます。 これを作れる職人さんが減っているそうです。
e0212073_22582547.jpg




by pompelmo-24 | 2019-02-21 17:33 | 南イタリア旅行2019 | Comments(0)  

南イタリア旅行2019 ⑨アルベルベッロ散策と可愛いおばあちゃん

2019年1月27日~2月3日 
南イタリア旅行をして参りました。
fuori stagione~シーズンオフ、ど真ん中。
はこちらから

この日はゆっくり10時にマテーラを出発。
快晴!!

どこまでも広がる肥沃な農地。
e0212073_09360590.jpg

の中に、数えきれない風力発電。ドンキホーテもびっくりだわね。
e0212073_09360557.jpg

この石垣で畑を区切るのが見えるとプーリアに入ったーって感じです。
e0212073_10374881.jpg


アルベルベッロに着くまでにもところどころに三角屋根のトゥルッロが見えてきます。ワクワク♪

我々もトゥルッロに泊まりますよー。

e0212073_16313283.jpg
↑2階だてトゥルッロ、ソヴラーノ。
の横がレセプション↓。『チャーミング トゥルッリ』という会社です。泊まれるトゥルッロをいくつか持っています。
e0212073_09360654.jpg


日本人女性が出てきて案内してくれました。\(^^)/
e0212073_09360644.jpg




レセプションから200mほど離れたところ。
e0212073_10233067.jpg

e0212073_10233026.jpg



ダイニングやキッチンがついてます。暖房の使い方など、日本語で説明してもらわなかったら全くわからなかったです。
e0212073_16313265.jpg

e0212073_16313225.jpg

中から見ても三角になってる!元は屋根裏部屋のように使ってたそうです。
e0212073_16313301.jpg

e0212073_16313321.jpg

お皿やお鍋、カトラリーもそろってます。


街の歩き方も教えてもらい、散策に出発です。メインの教会のすぐ近く。
空の色、見てー!
e0212073_19560299.jpg


展望台からの眺め。おとぎの国やーー!
e0212073_19560284.jpg


e0212073_19560306.jpg

メインストリート。お土産物屋さん、ほとんど閉まってますが、開いてるお店の客引き(←日本語(笑))を振り切り進みます。誰もいないねー。
e0212073_19560342.jpg


日本人女性の『陽子の店』さんも閉店。
e0212073_20225407.jpg

メインストリート突き当たりにあるトゥルッロの教会。サキちゃん(後述)が万歳したとこ。
e0212073_20225414.jpg

メインストリートを戻ると、店先に座ってたおばあちゃんが「あたしゃ日本へ6回行ったことがあるよー。白川郷へ行ったよー」と声をかけてくれました。
「屋根の上から素晴らしい景色が見えるよー!」とも。
その景色、見たいと思ってたのでお店に入ることに。
岩城洸一さんが来たよーとか、檀れいさんが来たよーとか、日本へ行ったときの写真を見せたり、持ちネタがおわらないと解放してもらえません。(爆)

とっても可愛らしいおばあちゃんで、お店では素敵な布を売ってました。アルベルベッロではお土産用に布巾のようなクロスをたくさん売ってるんだけど、ここは特別でした。
いくつか購入したら『日本人には割引します』と書かれた紙がでてきました(笑)。


名物おばあちゃん。アンナマリアさん。白川郷は姉妹都市なのかな。
これはこのあたりでただ1つの井戸。
e0212073_20225589.jpg

井戸の横から屋上へ上げてもらいました。すごーーい!!
e0212073_20225559.jpg

e0212073_20225508.jpg
おばあちゃんとイタリア語で会話するのに必死でお店の写真が無い(泣)。

アンナマリアおばあちゃんのお店。
Anna Maria Matarrese
e0212073_08182296.jpg

メインストリートを上がって行って、教会の手前、右側です。

さて、
アルベルベッロでもいくつかお店を教えていただいてました。

しかーし、プッチャが美味しいパン屋さん、La liraさんは休み。
e0212073_10123920.jpg


ワイン美術館、、、、かな、Museo albea はおじさんが出て来て「春まで休みだよー」って。そりゃそだわね。街に誰もいないもの。次の春にきまーす。
e0212073_10124029.jpg
↑手前で焚き火してた。

e0212073_10124059.jpg

e0212073_10124040.jpg



プーリア名物、無限前菜は次回に。
⑩アルベルベッロのランチはこちらから


by pompelmo-24 | 2019-02-21 09:24 | 南イタリア旅行2019 | Comments(0)  

南イタリア旅行2019 ⑧マテーラのケーキと夕食

2019年1月27日~2月3日 
南イタリア旅行をして参りました。
fuori stagione~シーズンオフ、ど真ん中。
⑦はこちらから


夫は昼寝を始めたので、1人で散策\(^-^)/

まずは、高井戸ジャルディーノさんに教えていただいたパン屋さんとケーキ屋さんへ。
どちらもサッシ地区ではなく、普通の街の方。

一旦ビットリオベネト広場へでて北の方へ進みます。

パン屋さんはお休みでした。定休日かお昼休みかは謎。
e0212073_15111647.jpg

e0212073_15111641.jpg


道を渡ってケーキ屋さんへ。
美味しいケーキ屋さんというので可愛いお嬢さんがやってるお店かと思いきや、ビシっときめたおじさま方のお店。バーカウンターの中は職人って感じのバリスタさんたちが。

Caffe'  Schiumaさん。
e0212073_15111604.jpg


イタリアの父の日は3月19日。そのときのお菓子ツェッポレが並んでました。揚げシューかな。
そして、絶対たべたかったテッテディモナケ。🎵😍🎵
e0212073_15111679.jpg

e0212073_15111719.jpg


e0212073_15163853.jpg


2つ注文しましたよ。「ここで食べますっ!!」
お店のおじさまが笑いながら何か言ってるけどよくわかんないまま適当に「しーしー」って答えてたら緑のが来た。なんやろ。美味しかったけどさ。
e0212073_15163854.jpg

もっと食べられたわー。買って帰ればよかった。
ま、旅行に、「○○したらよかったー。」は付き物ですからね。

e0212073_15253897.jpg


帰る途中のお菓子屋さん。(ノ≧▽≦)ノ。
e0212073_15163912.jpg


さらにサッシ地区を散策すると、行きたかった骸骨教会にでました。
e0212073_15163979.jpg


e0212073_15293645.jpg


さて、夕食は雑誌『イタリア好き』さんにも載ってた有名店がちょうどホテルと同じ道にありましたのでそちらへ。

チェントロの方のお店もいくつか見てたけれど、もう、あちらへ行く元気はありません。

オステリア『ピーコ』。洞窟を使ったレストランです。
e0212073_15293657.jpg

e0212073_15293695.jpg

e0212073_15293650.jpg


ロゼを頼んだらこんな可愛い感じにでてきました。
e0212073_16032276.jpg


ピーコ風前菜。
e0212073_16032354.jpg




奥の赤いのはペペローネかな。なんだかわからないけどカリッカリ、サックサクでむちゃくちゃ美味しい!! 手前のはお肉なんだけど、これまた美味しい!!!
なんやろ??前菜ですけど。
e0212073_16032326.jpg



カルドンチェッリが食べたかったので。
トマト、サルシッチャ、フンギ、モリッカ、のカバテッリ。
e0212073_16032370.jpg

ショートパスタが苦手な夫はスパゲットーニ。アスパラガス、トマト、カチョカバッロ。


野菜も食べないとね。
e0212073_16032319.jpg


夫は何やらデザート食べてました。
e0212073_16200037.jpg


e0212073_16200050.jpg




せっかくマテーラに泊まるのだから夜景を見なくちゃ、、、、なんですが、夫は寝ちゃいましたので、
さすがに、1人で階段上がってトンネル抜けて広場へ行くのは怖い。

ので、残念ですがこの程度で。ほんと、残念。
e0212073_16195947.jpg



さてさて、翌日。
絶対途中で夫の体調が悪くなるとふんでたので、マテーラ発は10時と遅い設定にしていました。

ナポリでもアマルフィでもまともな朝食を食べられなかったので、楽しみ楽しみ。
e0212073_16200058.jpg


シーズンオフでもきちんと準備されてました。新婚さんっぽい日本人カップルがいたわー。今回ほとんど日本人に会わなかったけれど。
e0212073_16272244.jpg

e0212073_16272203.jpg

e0212073_16272397.jpg

e0212073_16272364.jpg

e0212073_16272349.jpg


結果的にこの旅行できちんと朝食を食べたのはこの日だけでした。

というわけで、最後の宿泊地、アルベルベッロに向けて出発します。
⑨アルベルベッロ散策の様子はこちらから。




by pompelmo-24 | 2019-02-16 16:26 | 南イタリア旅行2019 | Comments(4)  

南イタリア旅行2019 ⑦マテーラ散策と洞窟ホテル

2019年1月27日~2月3日 
南イタリア旅行をして参りました。
fuori stagione~シーズンオフ、ど真ん中。
⑥はこちらから



マテーラへの移動は電車を使いますので朝7時30分に広場へお迎え。
ホテルから広場まで200mくらいでしたがドライバーさんが迎えにきてくれてました。ありがとう~🎵

朝早くて大変だったけれど、朝日がきれいーーー!!、
e0212073_22283342.jpg



サレルノの駅までくねくねくねくね海岸線の崖を走ります。途中には小さくて可愛い町がたくさんありますが今回は短い旅行なので断念。残念。
・ミノーリ (お菓子屋 sal de Riso)
・マイオーリ
・チェターラ (コラトゥーラ ディ アリーチエ)
・ヴィエトリスルマーレ(陶器)



サレルノ駅。途中駅なので各ホームにエレベーターがある・・・はず・・・が・・・我々のホームには無かった。。。うっそーん。
e0212073_22283317.jpg



重い重いスーツケースをなんとか階段で上げ待っていると、おおむね時間通りにきましたよ。
e0212073_22283456.jpg




このサイト⬇️見つけなければ不安で不安で、乗ってる間落ち着かなかったことでしょう。。
e0212073_13440094.jpg


出発前、鉄道でのスーツケース置き場を気にしていたのですが、シーズンオフの良さで車内がらがら。
当然われわれのシートには違う人が座っていて💦
ちょうど車椅子スペースが空いていたのでそこにスーツケースを置かせていただいて、それを見張る位置に座りました。足元広いし快適快適。車掌さんにも確認済みです。

リアル世界の車窓から。
e0212073_22283476.jpg




乗っちゃえば快適だった電車の旅。無事フェランディーナ駅(どこ??)に着きました。
e0212073_13550469.jpg


ホームにはお迎えのドライバーさんが待っててくれてました。💨

フェランディーナ駅の外。⬇️
こんなとこで、ドライバー来なかったら泣くわ‼️‼️
e0212073_13440078.jpg



途中で「パノラマスポットがあるんだよー」って、止めてくれました。
どうやら初めてサッシ群が見られるらしい。
日本語で「いち、に、さん、すごーーーーい!!!」だって!
しかし、ほんとに
「すごーーーーい!!!」と言ってしまいます。日本人みんな言うんだろなー(笑)。
e0212073_13440028.jpg



サッシのホテルにチェックイン。ここでも午後入室と聞いていたけれど着いてすぐお部屋に入れました。
シーズンオフ万歳\(^-^)/。

サッシのホテルに宿泊しますがご紹介は後程。


いざ観光へ。
迷路のようですが、ドライバーさんから道順を教わっていました。

まずはメインの広場へ。ヴィトリオ・ヴェネト広場。

からの景色。
e0212073_13532409.jpg


後ろにはこんな建物。これは!!!雑誌クレアに載ってたバールがあるとこ??
上の窓にCaffeと書いてある!
e0212073_13532482.jpg


お昼はここにしよう。エレベーターであがりますとテラスもあります。
e0212073_13532440.jpg




e0212073_13532419.jpg


Hちゃんありがとう~🎵
e0212073_19523944.jpg

Terrazza dell'Annunziata Caffe'


クレアに載ってたパンサラダ、チャレッダ。 正午すぎてもカプチーノ飲む日本人です。すみません。
e0212073_13550487.jpg


改めて街歩きへ出発。教会を目指します

e0212073_13550513.jpg


いろんなお店がいっぱい。
途中、名物の土笛のお店へ。
e0212073_16195945.jpg


e0212073_16330444.jpg

e0212073_13550498.jpg




この時点でまだサッソ・カヴェオーソのエリアは見ていません。

聖堂からひたすら階段を降りて、降りて、降りて 、、、、、。

そろそろ見えそうですよ。


すごーーーーい!!!
e0212073_13550563.jpg



右は岩の教会。降りて降りて、また登ります。夫は下で待ってるって。
e0212073_23070220.jpg



サキチャン(後述)が真夏の暑い中、ここを目指して上がってきて万歳してたね。(後述)。
暑さにやられて、左のくぼみで休んでました。(後述)
e0212073_23070322.jpg



うらの谷の景色もすごいんです。
e0212073_23070330.jpg



すごーーーーい!!!
e0212073_23070372.jpg



毎回、旅行の途中で体調が悪いと言い出す夫。
マテーラの街歩きはGoogleマップやいろんなサイトでばっちり決めてたのに、
教会もなにも見ないでホテルに帰るそうです。

大回りでゆっくり登るコースを考えていましたが、ショートカットして階段をガンガン登ります。
e0212073_23070307.jpg

すぐにセディーレ広場につきました。
ゼイゼイ💨💨

泊まったホテルのご紹介。
ロカンダ・ディ・サンマルティーノ
e0212073_00382179.jpg


泊まった部屋はレセプションを一旦外へ出て少し降りたところ。すぐそこが道なのに鍵1つで大丈夫か??
e0212073_23592519.jpg


中は洞窟をくりぬいた造り。おもしろいー。
e0212073_13250634.jpg

e0212073_13250727.jpg



e0212073_00025415.jpg


e0212073_00025550.jpg


入り口。
e0212073_15293634.jpg


洞窟ホテルは寒いだろと思ってましたがストーブをガンガンたいてるので暑いくらい。

またまた昼寝するようなので、私は1人で散策してきますー
\(^-^)/

美味しい美味しいお菓子屋さんは次回に。
つづきはこちらから

e0212073_00025524.jpg


by pompelmo-24 | 2019-02-15 23:29 | 南イタリア旅行2019 | Comments(0)  

南イタリア旅行2019 ⑥ラヴェッロのバスとアマルフイのレストラン

2019年1月27日~2月3日 
南イタリア旅行をして参りました。
fuori stagione~シーズンオフ、ど真ん中。
⑤はこちらから


アマルフイからくねくねくねくねと断崖絶壁を30分バスで登るとラヴェッロに着きます。
前もって時刻表見てたしホテルでプリントももらいました。


アマルフイ12:30発で登りまして散策(ヘトヘトですけど)したあと、
ラヴェッロ15:05発で降ります。
バールで時間をつぶし、何があるかわからないので、早めにバス停へ。

しかーし、

来ない。


次は15:35。

よく見ると各時間の上にHとかSとか書いてます。ホリデーとかサバトとか。
次はS。。。
え?土曜日じゃないし。。。(汗)

雨が強くなり寒くなってきたので夫が「どこかに電話してくれ~」って。

まずTaxiって看板に書いてある電話番号に電話しましたよ。

すると2mほど先の公衆電話が私の電話にシンクロして鳴ってます!!!
!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!

なんだこれ??

周りいにたイタリア人、数名も失笑。


笑ってる場合じゃありません。必死!
暗くなってくるし、、、、。

ホテルに電話をしたら時刻表を調べてくれたようで、「次のが来るよ!」
「来なかったらまた電話して!」

ほっ!!!💨


そしてそして、

来ました!!!
Amalfi と書いてある。

乗り込み安心してるとAmalfi↗️と書いてある看板と違うほうへ進みました。

ひえー行き先間違えたかなー。(汗)(汗)

と思ってると、崖の細いところで何度も切り返して戻り、Amalfi↗️の方へ行きました。
お兄さんが間違えたのね。

ほっ!!!💨💨

もう、油断もすきもないわ。トラップ多過ぎ。イタリア💢💢


とまぁこのあたり必死すぎて写真無し。タクシーの看板くらい写真撮ればよかったわ。



ホテルに帰ってジャグジー!!
ぶくぶくぶく.。o○.。o○
e0212073_18101096.jpg


そしてまた昼寝、、、、。


危ない危ない、朝まで寝るところだった。
ふと目覚め、隣のスーパーを1人でうろうろしたあと、夫を起こして予約しておいたレストランへ。



こちらもお友達が推薦してくれた
《da Gemma》さん。どこかで聞いたことあるけどね。



e0212073_12502524.jpg


高級っぽいですねー。
e0212073_12502617.jpg




南イタリアでは珍しいモダンなお皿。
e0212073_12502514.jpg





e0212073_18175091.jpg

e0212073_18175194.jpg


本日の前菜。生のお魚いろいろ盛り合わせー!
( ≧∀≦)ノ
e0212073_18175145.jpg


プリモ、シャラテッリも食べたかったけれど、
このお店名物の『レモンのリゾット』が二人前からなのでこちらに。
エビがたくさん。上にはペッタンコのエビが乗ってます。美味しい~☺️
レモンの風味はするけれど酸っぱさはあまり感じないです。
e0212073_18101039.jpg



セコンドはズッパディペッシェでしょ。

いえいえ、

肉っ! ┐(-。-;)┌
e0212073_23395487.jpg

美味しかったけどさ。。。。。。海なんですけど。。。



おまけの小菓子とリモンチェッロ。
e0212073_23395414.jpg



お店はドゥオモを少しあがったところ。2階です。冬でもやっててくれて良かった。
e0212073_23395433.jpg




アマルフイの夜景もきれいってことなので海まで行きましたが、暗~い。
人が居ないのですねー。


ドゥオモはきれいでした。時計が満月のようで幻想的。
e0212073_23395471.jpg


翌日は電車でマテーラに移動なので7時30分にお迎えがきます。

無事に電車に乗れるかな?
その前に電車は来るのか????

次回へ続く。
⑦マテーラ散策と洞窟ホテルはこちらから。

by pompelmo-24 | 2019-02-12 23:55 | 南イタリア旅行2019 | Comments(4)  

南イタリア旅行2019 ⑤冬のラヴェッロは、、、、(泣)

2019年1月27日~2月3日 
南イタリア旅行をして参りました。
fuori stagione~シーズンオフ ど真ん中。
④はこちらから。。


アマルフイの半日どのように過ごすか。
周りには海沿いに可愛い街がたくさんあります。さて、どうするか。

映画『アマルフイ』の中で天海祐希さんが犯人を待つ広場、アマルフイのどこかかと思ってたらラヴェッロの教会前広場なんだって。それは行かなくてはなりません。

アマルフイの海岸から青いSITAバスで30分。前もって時刻表もゲットしておきました。
午前中は晴れて暖かく、泳いでいる人もいましたが😮、午後は冷たい雨です。


バス停降りて長いトンネルを抜けると、広場に出ました。
ひゃーひゃー(σ≧▽≦)σ  ここここ!
e0212073_01542338.jpg


レポートは後にして、


広場すぐ横のヴィッラ・ルーフォロへ入りましょう。
e0212073_09053533.jpg



冬でもお庭はきれい。ワーグナーが滞在し曲を制作したことも有名な場所で、毎年夏にはたくさんの音楽祭が開かれるようです。
e0212073_01542486.jpg





崖に足場を組んで舞台を作るのかな。海を臨む景色が素晴らしい。
e0212073_01542417.jpg


建物の中に入ると、観光客が少ないので係りのおじさんがずっと横について説明してくれます。よくわかんないけど、床はビエトリスルマーレのタイル。見事でした。
e0212073_09113224.jpg


塔なども珍しい造りで貴重なようですが、冷たい雨のなか向き合う意欲はなく、ぐるりと一周するだけ。

室内の大きなスクリーン2台で今までの音楽祭を説明する場所があり、そこに座ってちょっと一息。とても良い映像で、音楽好きの夫は是非音楽祭に来たい!!と。来ましょうよ来ましょうよ。



もう1つの名所、ヴィッラ・チンブローネへ。
10分歩いてねーと言われたので覚悟を決めて進みます。

分かれ道が怖い。どっち?こっち?
左のトンネルへ。
e0212073_09224019.jpg


とにかく、傘をさしながら、延々延々登ったり降りたりしながら歩き続けます。誰もいないし、お店も全部閉まってるし。案内板もないので不安だし。
e0212073_01542468.jpg



・・・・・。

e0212073_09303504.jpg


・・・・・。



・・・・・・・。



ようやく入り口が見えました。
e0212073_09113330.jpg


一人7ユーロ払って入ります。
が、
お目当てのテラスはまだまだまだまだ先。両側のお庭は手入れされておらずただの土だし、、、、。
e0212073_09113328.jpg



ようやく着きました。ここです!!海と空しか見えない『無限のテラス』。
e0212073_09303518.jpg


e0212073_09335497.jpg


さすがの私も足がすくみました。夫はこんなところまでは進めず。
e0212073_09335525.jpg

e0212073_09335569.jpg


しかしまあ、数枚写真をとって退散。
あとは特に見所はなく(冬はね)、
入り口付近に回路があるくらい。



e0212073_09224169.jpg



e0212073_09303690.jpg

来た道を戻ります。

あとでガイドブックを見ると
『回りには花が咲き乱れ、教会が2つ、絶壁にたつカフェや、お土産物屋さんもたくさん並び、素敵な散歩道です』と書いてました。😿😿
特に陶器の店が多いと聞いて楽しみにしてたのに。


唯一、ほんとに唯一あいてた小さいカフェでバスの時間まで一休み。
e0212073_09303642.jpg



バス停ではまたまたイタリアあるあるの勃発ですが次回にゆずって、まずは映画『アマルフイ』のお話。


*天海祐希さんがここで身代金をもって犯人を待ちます。この、台のある電灯が印象的。
e0212073_16564025.jpg

⬇️
e0212073_16491176.jpg





*少し離れたところから織田裕二さん(黒田)が見張っています。
e0212073_16564182.jpg

⬇️
e0212073_16491231.jpg


e0212073_16514203.jpg

⬇️
e0212073_17115425.jpg



*ヴィラ・ルーフォロの入り口。
e0212073_16564165.jpg

⬇️

e0212073_09053533.jpg




*イタリア警察は、この建物で待機。
e0212073_16514249.jpg


e0212073_16514217.jpg

⬇️
e0212073_16514163.jpg

もーほんとに
ひゃーひゃー💕💕です。

e0212073_09335557.jpg


またアマルフイあたりは季節のいいときに来ましょう。
ラヴェッロからアマルフイへ降りるときのトラブルはまた次回。

⑥はこちらから



by pompelmo-24 | 2019-02-11 17:06 | 南イタリア旅行2019 | Comments(0)  

南イタリア旅行2019 ④アマルフイへ


2019年1月27日~2月3日 
南イタリア旅行をして参りました。
fuori stagione~シーズンオフ ど真ん中。
③はこちらから


ナポリのホテルを9時にお迎えが来て、レモン畑の山を越えてアマルフイへ向かいます。


チェックアウトのとき、冷蔵庫のジュースと税金で13ユーロを30ユーロと聞き間違えたのは、イタリア語の先生には内緒です。




途中、裏ヴエズビオ。思いがけず素晴らしい絶景でした。
展望台で停めてくれて撮影。今回ドライバーさん、みんな良かったわー。
e0212073_08410825.jpg

e0212073_08410851.jpg


レモン畑

e0212073_08410898.jpg



アマルフイ来たーー!!!
実際に前に立ってるなんて感激ですー。
e0212073_22441442.jpg

e0212073_22441490.jpg



裏の天国の回廊へ行こうとしたら、出てきたおじさまが何か言ってくれてます。よくわからなかったら「ついてこい!」って。
果たして、、、、工事中でしたー。
e0212073_22441547.jpg

今回、どの街もあちこち工事中でした。シーズンオフのあいだに修理するのねー😿


ホテルのオーナーさんに教えてもらったビュースポットへ行きましょう。市民墓地かな。

湾の東側、トンネルがあるから入ってエレベーターに乗ってねって。(彼のイタリア語はわかりやすかったわ。)


え?このトンネル? 大丈夫か??
e0212073_22441516.jpg


分かれ道が怖い!どっち??こっち??
変なゲートがあるけど左です。
e0212073_08562311.jpg


エレベーター。大丈夫か??
e0212073_08562485.jpg



そしてそして、上がると絶景が!!!
e0212073_08562476.jpg

e0212073_08562442.jpg

e0212073_08562419.jpg

素晴らしい~!テレビで良く見るアマルフイの景色だわーー。



降りてきて見上げると、、、、。
この左上の窓が並んでる茶色いところに居たのですね。
e0212073_09064383.jpg



海沿いの素敵なレストランは開いてるわけもなく。
e0212073_09064347.jpg


とにかく、お店はほとんど閉まってます。

ちょっとお茶するところもない。


なんとか開いてるところを探して昼食はケーキ。モダンなお店でした。
e0212073_09064408.jpg

e0212073_11445051.jpg

e0212073_11445053.jpg


このあとバスでラヴェッロへむかいましたがその様子は次回にして、ホテルのご紹介。

アマルフイのホテル、旅行会社に提案されたのは中心から800mほど離れた海沿いのリゾートホテルでしたが、夏にぶらぶら歩くのは楽しいだろけど、この季節は無理!とドゥオモ近くのホテルを探してもらいました。

《L'antica convitto~アンティカコンビット
メールで行き方など問い合わせたらその日のうちに返信されたり、オーナーのジェンナーロさんがとっても感じ良くって、お部屋も可愛く、また泊まりたくなるホテルでした。


ホテルアマルフイ前のこの細い細い道を入ります。
前もってストリートビューで見てたからわかったけれど、知らなかったら絶対通りすぎてるわ。
e0212073_08410989.jpg


細い道を抜けると小さい広場があって大きなスーパーもあります。
スーパーの、右の建物。
各階に小さなホテルがあるタイプ。
e0212073_12070949.jpg



エレベーターであがって、降りると入り口。

チェックインは午後ですが、10時30分でも入れてもらえました。これはシーズンオフのいいところやね。

e0212073_08410983.jpg



可愛いお部屋!天井が高い。
e0212073_11494448.jpg


奥にはジャグジーがありましたー。
e0212073_11494429.jpg

e0212073_11494484.jpg

e0212073_11494479.jpg


窓からはこんな景色。夏に朝食をいただけるテラスからは海がみえるのかな。冬は閉めてるみたいだけど。
e0212073_11494529.jpg



可愛くてひゃーひゃー言ってましたが、レセプションは8時~20時まで。それがお嫌な方はだめですねぇ。今回は問題なかったので、次回も泊まりたいな。

あー、でも、次は夏に海沿いホテルかなー(笑)。


今回の旅行で一番楽しみにしていたのはアマルフイでデリッツィアアルリモーネを食べること。
リサーチすると、パンサ派とサヴォイア派に別れたので両方食べ比べるつもりでした。

が!

両方閉まってた!!!orz ....
e0212073_12041752.jpg


次回はラヴェッロの街をご紹介します。
⑤はこちらから


by pompelmo-24 | 2019-02-08 09:13 | 南イタリア旅行2019 | Comments(0)  

南イタリア旅行2019 ③ナポリの夜

2019年1月27日~2月3日 
南イタリア旅行をして参りました。
fuori stagione~シーズンオフ ど真ん中。
②はこちらから



zenzeroさんのウォーキングツアーが終わって午後は自由に散策。
もう一度ガレリアあたりへ繰り出してチョコレートを店ごと買い占める

はずが、、、、

一旦ホテルに戻ったらそのまま爆睡(泣)。


暗くなってから動きだしました。
チョコレートはあきらめて、、、

とにかくサンタルチア地区へ行かなくては。

e0212073_13092401.jpg




海へ向かう道がゆるくカーブしているところを進むと、向こう側の夜景が徐々に見えてきて、息をのむ美しさです。

e0212073_13092423.jpg

e0212073_13092468.jpg


e0212073_13092595.jpg


トニアさんは、「ナポリはシーズンオフとか無くて、お店はやってますよ。冬だから閉まってるってことはありませんよ♪」と言ってました。期待大!

出発前にナポリで行くべきレストランをいくつかか聞いていました。

海まで降りてきたのでその中の一つ《シャルッパ》さんで食事して、タクシー呼んでもらって帰りましょう、、、、
と卵城の橋を渡りかけましたが、お店が見えて、真っ暗 😿。 やってないー。

たまたまタクシーが通ったのでホテル周辺まで戻りほかのお店を目指しました、、、、

が、、、、

《サンフェルディナンド》 やってないー。
e0212073_13174129.jpg



朝、教えていただいた N'tretella も、
ついでにブランディもやってないー。

汗汗!

でも適当にその辺のレストランに入るのは嫌なのでホテルに戻ってレセプションのおじさんに「どこも開いてなかったよー。」と言うと「Oh!  Lunedi!!」って。月曜日は休みが多いみたい(泣)。


で、教えてもらったのが《マッツォッティ》。ここもお友達からきいていましたが、ピザ屋さんかと思ってました。普通の食事もできるって。
\(^-^)/

e0212073_13174122.jpg


しかし、昼間の大量摂取のためあまりお腹はすいてないです。

Insalata di mare del golfo
海の幸サラダ的な。 こーゆーの食べたかったー。野菜も食べなくちゃね。
e0212073_13174157.jpg



肉が食べたい夫の希望で ナポリ風ジェノベーゼ。バジルペーストじゃないやつね。
e0212073_13174156.jpg

玉ねぎが甘くて美味しかった!パッケリがいいね👍

ファランギーナ。
e0212073_13312658.jpg


ロザータは?と聞くとボトルしかないって。じゃあいいやと思ってたら、瓶のモレッテイがきた。 謎。

一応「頼んでない」と言うてみたけど、イタリアのビールだよとかなんとか言われたので、わかんないから、美味しくいただきました。 謎。


ドルチェにはイチゴクリームのビニエ。
それから、ソムリエのおじさんが食後酒をおまけに持ってきてくれました。😍
e0212073_13343903.jpg



まずは満足満足。😃🎶


ホテルの方にお礼を言って、翌朝食の注文をしました。

2回目は要領よく、ハムやチーズも追加。
e0212073_13312643.jpg



さらにはスパッカナポリで買った、おぜんざい、、、、
e0212073_13312693.jpg


ではなく、カーニバルのお菓子、『Sanguinaccio~サングイナッチョ』チョコレートクリームですね。思ったより甘くないです。
e0212073_13312787.jpg



3日目は9時にドライバーさんが迎えにきてくれて、アマルフイへ移動します。

アマルフイではこの旅一番の楽しみが!
\(^-^)/

つづく。
④アマルフイへ はこちらから

by pompelmo-24 | 2019-02-05 12:35 | 南イタリア旅行2019 | Comments(0)