<   2018年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

新高円寺で和食 @まる

若いお友達夫妻がやってる和食処【まる】さん。

丸の内線新高円寺から徒歩2分。

先日、私のお誕生日に来店 した様子を話したら都心に住むお友達が「行きたいっっ!」と言ってくれたので、今月2度の訪問。




まずはお誕生日。

春菊とベーコンやらいろいろのサラダ
e0212073_06571744.jpg

実は春菊は私は好きじゃなくて、絶対に食べないものの一つ。
それを、夫がパッと頼んでしまったのです。私の誕生日なのに。

ま、せっかくなのでと つついてみると「なんだこれー?!美味しい~~!」。
春菊(関西人は菊菜と言いますが)の臭みはほとんどなく、乗ってるベーコンやチーズやキノコがアクセントでいくらでも食べられます。結構なボリュームでしたが速攻完食。

生で食べられるのは今だけだそうです。




お刺身盛り合わせ。とメニュー。
e0212073_08032736.jpg

河豚も!



小柱のかき揚げ、穴子と野菜の天ぷら。
e0212073_07160341.jpg




島らっきょ塩漬け
e0212073_07160653.jpg




鯨4種盛り
e0212073_07161072.jpg




独活と野菜の酢味噌
e0212073_07161269.jpg


酢味噌が美味しかったー!



そして、〆はウニのおにぎり!!
e0212073_07211373.jpg

e0212073_07161439.jpg

中にはウニがたくさーん!!


ごちそうさまでした。

*****

そして2週間後、雪の残る杉並へ都心から友人二人やってきました。

あなたたちのそばにも和食はあるでしょ。。。。

このような家庭的なお店は無いとのことで大喜び。
メニューの多さに驚き、さらに値段を見て引っくり返る勢い。
「このお値段でいいのぉ??」って。


だいたい同じものを食べましたが
違うのは

小柱とユリ根のかき揚げ。
e0212073_07161783.jpg

ユリ根がほっこり。(o^-^o)


のれそれ卵とじ
e0212073_07161863.jpg

穴子の稚魚だそうです。お出汁がおいしくて最後まできっちりいただきました。


さわらの西京漬け
e0212073_07162056.jpg



そして、これがお目当て!
うにぎり!!
e0212073_07211292.jpg


すごく大きいので3人で分けました。一人のときは「小さめで、」とお願いできます。

サラダも酢味噌も、ほかにもいろいろいただいて、お酒もたくさんいただいて、一人4,000円ちょっと。
驚愕の可愛らしいお値段でした。


新高円寺って、丸の内線に乗っちゃえば新宿から10分なので、新宿起点で考えると意外と近いのですよね。


また行きまーす( ´∀`)/~~












by pompelmo-24 | 2018-01-31 06:51 | 伊・以外 レストラン | Comments(0)  

荻窪で高級お弁当 @坂ぐち

JR中央線荻窪駅西口(メインじゃないほう) を降りるとごちゃっとした道に出ます。
スーパー銭湯前を曲がってもう一度曲がると素敵な別世界が。

e0212073_13423371.jpg


和食、坂ぐち。


個室があるのですが、予約が遅かったためカウンターに。

えーーー!!??
空いてないんですかーー??

と、残念に思ってたのですが、

行ってみるとゆったりしていて、店主さんとお話できて、とっても良かったんです。秘密の会談でなければ二人ならカウンターのほうがいいかもね。
e0212073_13424376.jpg



さて、いただくのはランチ、【荻堂弁当】。 3,500円。

器が素晴らしいです。
e0212073_13423634.jpg


e0212073_13424573.jpg


二段になってます。
中身の充実がすごい!
e0212073_13424159.jpg


e0212073_14125052.jpg

さわらの幽庵焼き
きんぴらごぼう
生麩の田楽
えびのあられ揚げ
はわさびのおひたし
もずくの生姜酢
菜の花と飛騨牛のローストビーフ
などなどなど


お刺身、煮物はもちろん、ローストビーフがまたとろけそうでなんとも感激です。

店主坂ぐちさんの地元という飛騨の食材をいろいろ使ってらっしゃるとか。

飛騨牛えらい!!


ご飯とお味噌汁、香の物がつきます。ご飯少なめとお願いするとこんな感じ。
e0212073_13424631.jpg

これよこれ!
あちこちで「ご飯少なめ」とお願いするけど、出てきたら多いのよ。私の言う少なめはこれなのよ。



デザートもついます。
e0212073_13424889.jpg



同行のお友達は左ききなのですが、デザートのスプーンが逆に置いてあって大喜びしてました。常連の和食店でもいつも右置きにされるって。




店主坂口さんは見た目はボクトツな感じですが、楽しくお話させていただいて、大満足でした。


吉祥寺周辺は高級和食が少ないのでいろいろ使えそうです。

*御料理 坂ぐち HPはこちら
*以前お邪魔したときの様子はこちらから。このときはお座敷でした。


雪の舞う寒い日でしたが、角を曲がるまで(結構距離あったけどね)お見送りしてくださいました。
ごちそうさまでした。

e0212073_13425126.jpg


e0212073_13423494.jpg



by pompelmo-24 | 2018-01-27 13:18 | 伊・以外 レストラン | Comments(0)  

駒込で女子会 @セルヴァジーナ

前回の続き・・じゃなくて、ケーキの前のお話。



女子(!)6名。山手駅駒込駅に集合。
約1名、自転車で参加。


本郷通りを渡ってすぐのイタリアン SELVAGGINA~セルヴァジーナさんへ。
e0212073_10353105.jpg

信号が青なら徒歩2分。


高桑シェフはチーズやハム系はすべて手作り。キノコは山へ行ってとってくるし、野菜は鎌倉廉売場にて調達というワイルドな方。

メニューに並ぶ『自家製』の文字に期待が高まります。
基本的にシェフが修行されたプーリアのお料理です。


魅惑の前菜盛り合わせ。あれもこれも自家製。
e0212073_10354652.jpg



パスタは2種類から選びます。

鎌倉の菜花と日野菜カブ、アンチョビのプーリア風オレッキエッテ
e0212073_10354392.jpg


島根産イノシシの自家製パンチェッタのトマトソース アマトリーチェ風タリアテッレ
e0212073_10353361.jpg




なんだかお店がもくもくしてきましたよ。
もしかしてだけど、私たちのセコンドかしら、、、。


きたーーー!!\(゚∀゚)/!

根室産エゾ鹿と鎌倉野菜のグリッリア。
e0212073_10353606.jpg



デザートはリコッタのチーズケーキ。
e0212073_10353989.jpg



この日はワインじゃなくバラディンのビールで。
e0212073_10354136.jpg



内装も素敵素敵。とーても落ち着きます。
e0212073_10354923.jpg



「セルヴァジーナへ行くんですよ」ってことで、いろんな方から「高桑シェフによろしくお伝えくださいね」と承っておりましたのに、土曜日のランチタイム。予約で満席でお忙しそうで御挨拶もできませんでした。残念無念。
e0212073_10355339.jpg


*以前、シェフのモッツァレラチーズ手作り教室に参加したときの様子はこちらから。


大満足のお食事のあとは前回エントリーの巣鴨ブラブラでおしゃべりが続くのでした。

駒込駅のポストは桜。ソメイヨシノ発祥の地とか。
e0212073_10434543.jpg
















by pompelmo-24 | 2018-01-23 10:06 | イタリアン レストラン | Comments(0)  

ブラ巣鴨 @FRENCHI POUND HOUSE

巣鴨へ『日本一美味しいショートケーキ』を食べに行きましょうと誘っていただきました。

総勢6名。座れるわけないと思ってたら奇跡的に、即、着席可。


フレンチ・パウンド・ハウス
e0212073_21423352.jpg


e0212073_21423035.jpg


席につく前にショーケースからケーキを選びます。
もちろんショートケーキなんですが、お酒(キルシュ)入りとお酒無しがありました。
ここはお酒入りで。

e0212073_21423565.jpg


きたーーー!!\(゚∀゚)/!
e0212073_21423748.jpg


とにかくフワフワフワフワ。
イチゴが3つも乗ってるショートケーキなんて初めてです。

お持ち帰りのときは自転車の篭に入れないでください、なんて張り紙も。すっごく柔らかいのです。

焼き菓子いろいろ。
e0212073_21513301.jpg

e0212073_21424419.jpg


高級住宅地、大和郷(やまとむら)にあります。
創業昭和61年ですって!
ホームページはこちら



ケーキ屋さんからのぉ~、
巣鴨とげぬき地蔵。

e0212073_21424045.jpg


e0212073_21424728.jpg


100円でタオルを買って(火打石でカチカチとしてくれます)、心をこめて治したいところを拭いてさしあげました。、、、治ったかな。
e0212073_21424863.jpg


パンツは買わなかったけれどね。
e0212073_21425013.jpg


大好きなカレーうどん屋さんがありましたが、ケーキの前にイタリアンをいただいてたので、もうお腹いっぱい。
イタリアンの様子は次回に。
e0212073_21513558.jpg



by pompelmo-24 | 2018-01-20 21:26 | Comments(0)  

ブラ渋谷 @ピノサリーチェ

渋谷をブラブラ。

デズニーストアをブラブラ。
e0212073_22163592.jpg



元丸井MODIをブラブラ。
e0212073_22163744.jpg



山羊を見てブラブラ。(桜ヶ丘カフェのさくらちゃん)
e0212073_22163939.jpg



着きました。
イタリアン、ピノサリーチェ。
e0212073_22164025.jpg


女性シェフの優しい美味しいイタリアンがいただけます。

近くで働く方たちにも大人気で、早い時間はササッと食べられるランチのみ。ゆっくりコースを食べたい人は13時からになります。

我々はコースを食べたい人なのでブラ渋谷してからお店へ。


前菜
カルチヨーフィのフリッタータ
レンズ豆とサラミのズッパ
サワラのパン粉焼き
e0212073_22164224.jpg



プリモは数種類から選べます。
私は
ベーコンと卵&ペコリーノチーズの手打ちリングイネ
e0212073_22164412.jpg


お友達
肉の煮込みと青菜の塩味スパゲッティ
e0212073_22164736.jpg


お友達
小柱とズッキーニ、ドライトマトのリゾット
e0212073_22164905.jpg



パンはサルシッチャとリコッタチーズ、、、だっけかな? 美味しす♪
e0212073_22165091.jpg



セコンドは3人ともお肉で。
豚ヒレ肉とモッツァレラの重ね焼き
e0212073_22165266.jpg



カンノーリはセットについています。ビターチョコとリコッタクリームの2種類。
e0212073_22412283.jpg




そしてさらにFBで見たドルチェを追加。

"Fragole marinate con grappa e gelato di pistacchi 苺のグラッパマリネとシチリア産ピスタチオのジェラート"
e0212073_22412493.jpg


"Gelo di cannella con gelato di Ricotta di pecora ジェロ ディ カンネッラ 羊乳リコッタのジェラート添え"
e0212073_22412785.jpg


追加してよかった~!

ファランギーナもいただいて、大満足。お友達も大喜びでございました。


ピノサリーチェさん。食べログはこちら。
e0212073_22413310.jpg


このあと、マークシティにある【神楽坂さりょう】でさらに延々とおしゃべりは続くのでした。
e0212073_22413051.jpg






by pompelmo-24 | 2018-01-15 21:41 | イタリアン レストラン | Comments(4)  

ミラノ+3都市巡りの旅⑨ミラノで買い物


2017年12月18日から4泊で弾丸イタリア旅行。

前回⑧トリノで食べたものはこちら


トリノから帰ってホテルに荷物を置いたらタクシーでドゥオーモ広場へ。

e0212073_10514822.jpg


e0212073_10373492.jpg


きれいきれい~♪

ガレリアに入ると
e0212073_10373762.jpg


e0212073_10373941.jpg


ふわぁ~~♪きれいきれい~♪
夢の中のようです。



まずは夫がお土産探し。
手袋とか革製品のお店。
e0212073_10374174.jpg

店主のおじさん、「日本に6回行ったよー!」って。新宿や梅田の百貨店にお店があるみたい。



さて、
夫は昨夏からハットに凝っています。
ミラノへ行くならボルサリーノで買うぞ!と張り切っていました。
e0212073_11071196.jpg


アラン・ドロンが前のつばを ササッと直すのがかっこいいのよねー。
e0212073_11070892.jpg




そしてそして、ミラノに着いた翌朝ぼんやりテレビのニュースを見てると
『ボルサリーノが倒産しました』って。
\(゜ロ\)(/ロ゜)/


ヤフーニュースでも確認。
まじですか、、、、。


急に閉店ってことないでしょ、と行ってみることにしました。

ガレリアからスカラ座に出る直前にお店があります。
本店があるんだけど、少し離れてるのでこちらに。

e0212073_10374354.jpg


するとー
狭い店内に人がたくさん!
入れないくらい。ギュウギュウ。

勝手にとってかぶってみますが、鏡も見れない状況。


イメージでは応接間みたいなところに案内されて、マダームもいかがですか??
なんてシーンを想像してましたが、とんでもなかった。

ようやく店員さんに見てもらってお買い上げ。お友達にも頼まれてて2つ買いました。
e0212073_12502192.jpg


日本まで送れるけど、クリスマスシーズンだし年末になるし時間かかるよ、、(と、言った気がする)。

なので持ち帰り。
e0212073_11455952.jpg




かさばるので、これ以上あまりうろうろもできず、この日はこれにて終了。

スポンティーニを見つけホテルでいただきました。
(タクシーで帰りしな、ホテルのすぐそばにもお店があったわ。)
e0212073_10515251.jpg


e0212073_10515438.jpg




最終日、
ポーランド航空だと10:30マルペンサ発でしたが、アリタリア航空に変えたので14:55発。
ゆっくりできました。


12月が誕生日の娘に空港のボッテガ・ヴェネタで財布を購入。

あれ?
私、1月がお誕生日やん!
、、、ってことで、欲しかったスマホにつけるキーリングコードも同じくボッテガ・ヴェネタで購入。✌️
e0212073_13052069.jpg



4泊って、あっという間でしたが、思いきって行ってよかった。

ミラノ起点に日帰りで3都市って作戦はうまくいったと思います。

たくさんの方に美味しいお店やかわいいお菓子屋さん、食べるべきもの、飲むべきワイン、行くべき場所、など教えていただいて心から感謝申し上げます。

わけもわからず個人旅行でフラッといっても、こんなに楽しめなかったです。
ありがとうございました。


*レストランの予約について。
以前は出発の2週間ほど前、朝5時に起きてイタリアへ電話して予約していましたが、
今回はメールやお店のHPの予約フォームで。
10日ほど前かな。
これまた書き方がわからないところは祥子先生に教えていただきました。

ただ、今回は北イタリアだったから2日ほどで返信がきましたが、南だとどうでしょうね。

その他、祥子先生には
「そのワインはグラスで飲めますか?」とか
「真空で持ち帰れますか?」とか
ホテルでのトラブル会話とかを教えていただいて助かりました。
ありがとうございました。

実際レストランに行くとメニューをゆっくり考えてる時間はあまりありません。
HPに載っているので前もってだいたい食べるものを考えておくことをおすすめします。
もちろん相談にのってくれますけどね。



*見て行った映画
【ジュリエットの手紙】(ヴェローナ)
e0212073_13051562.jpg


【ミニミニ大作戦】(トリノ)
e0212073_13051770.jpg


【ボルサリーノ】
e0212073_13051920.jpg






以上、
適当なおちゃらけ旅レポートですので実際に行かれるときは、ご自身でいろいろお確かめくださいね。

長々とお付き合いいただきましてありがとうございました。
m(_ _)mm(_ _)m


次は番外編。カフェや菓子店のショーウィンドーの写真特集です。
クリスマスだったので、どこも素敵でしたー。

およろしければご再訪ください。、、、、。






by pompelmo-24 | 2018-01-09 09:24 | ミラノ+3都市の旅 2017 | Comments(2)  

ミラノ+3都市巡りの旅⑧ トリノで食べたもの

2017年12月18日から4泊で弾丸イタリア旅行。

前回⑦トリノへはこちら。




トリノでの昼食はピエモンテ料理。

【Sotto le Mole~ソット レ モーレ】
日本語に訳すとモーレの下。まさに塔のふもとにあるレストランです。
e0212073_10102377.jpg


入り口には鍵がかかっていて、呼び鈴を鳴らします。面白いね。
他のレストランの案内でもそう書いてあるところがあったので、トリノの習慣なのかしら。


e0212073_10102516.jpg

昔ながらというより、ハイカラな感じですね。30分もすると満席。


こちらもHPに載ってたメニューでだいたい決めていました。
ピエモンテ州のお料理も魅力的!


*前菜の前にサービス品。
バローロに漬け込んだパンチェッタ。。。かな。
e0212073_10102918.jpg

むっちゃくちゃ美味しかった~♪


ワインは 「grignolino~グリニョリーノくださいっ」と言うと(3回くらい聞き返された (涙))、グラスは無いって。
ではランゲのネッビオーロで。
e0212073_10381068.jpg

みんな大好きグリッシーニもピエモンテで生まれました。




*前菜
-Flan di topinambour con bagna caòda e verdure
キクイモのフランとバーニャカウダ
e0212073_10102709.jpg

バーニャカウダがこんなにお洒落になって登場。普通のがよかったけど、お味は美味しかったです!お野菜も食べないとね。



-Vitello tonnato~仔牛、ツナのソース
e0212073_10103198.jpg

むっちゃくちゃ美味しかった~♪


プリモ
-Tajarin al battuto di nocciole e salvia~タヤリン(この地方の玉子が入った細麺)、ヘーゼルナッツとセージ
e0212073_10103346.jpg

夫はこれがこの旅行イチ!と申しております。


-Agnolotti alla piemontese pizzicati a mano~アニョロッティ
e0212073_10103552.jpg

これが、食べたかったー!
むっちゃくちゃ美味しかった~♪


ヴェローナでもボローニャでもセコンドまでしっかり食べてお腹パンパンだったので、トリノではこれで終了。
でも、お菓子も有名なのがたくさんあります。
追加で、

ジャンドゥイアのフォンドゥータ
e0212073_10584684.jpg


ヘーゼルナッツのケーキ。これもピエモンテ特有のもの。
e0212073_10585028.jpg

あら、こんなにお洒落になって来たわ。 モスカートクリーム添え。


おまけ
e0212073_10585296.jpg


ビッテロ・トンナートソースもバーニャカウダもタヤリンもアニョロッティも、
どのお料理もピエモンテならではのメニューで、ずっと食べたいと思っていたものです。
気がすんだー。


さっさと支払いをすませて観光に行きたいのに、前のアメリカ人老夫婦が どうしてもカードの暗証番号が合わず 手間取っています。
もー (-_-#)。



カステッロ広場に戻りますとクリスマスマーケットが。
e0212073_10585409.jpg


e0212073_10585729.jpg


あまり時間がないのでドゥオーモの聖骸布(処刑後のキリストを包んだ布)だけ見て帰ろうと思ったら、お昼休みで閉まってた。
(|| ゜Д゜)
e0212073_10585977.jpg



王宮とか宮殿とか劇場とか
e0212073_10590138.jpg


e0212073_10590338.jpg


e0212073_10590664.jpg



トリノは早めに切り上げて、16時前の列車で帰ります。
そろそろ行かなきゃ、、、なんだけど、このまま帰るわけにはいきません。

ビチェリン飲まないとねー!!
発祥の地、【Cafe al Bicerin 】に行きたかったけれど少し離れてるのでサンカルロ広場に戻って1903年創業の【カフェトリノ】へ。
e0212073_12402998.jpg


ゴージャスな店内です。
e0212073_12403254.jpg


e0212073_12403589.jpg


ビチェリンを注文。
下からホットチョコレート×エスプレッソ×スチームミルク
かき混ぜないで飲むそうですよ。
e0212073_12403713.jpg


小菓子も有名だそうですが、お腹いっぱい!
e0212073_12403985.jpg



とりあえず食べたいもの全部たべたかな。

駅前のお菓子屋さんをいろいろ覗いて帰りましょう。

e0212073_12404273.jpg


e0212073_12404454.jpg


e0212073_12404659.jpg



この日は早くミラノに戻るので、ガレリアへ【アレ】を買いに行きますよ。
e0212073_12404815.jpg


クリスマスの夜のドゥオーモ周辺はきれいでしたー!
夢の世界!

その様子は
次回、ミラノで買い物に。



トリノで他に勧めていただいたレストラン
*Tre Galline
*アンティケ セーレ
(どちらもランチやってなかったんです。ガーン!残念!)


トリノからの帰りの車窓から。
e0212073_12405071.jpg



by pompelmo-24 | 2018-01-07 20:53 | ミラノ+3都市の旅 2017 | Comments(0)  

ミラノ+3都市巡りの旅⑦ トリノへ

2017年12月18日から4泊で弾丸イタリア旅行。

前回⑥イタリア鉄道の謎はこちら。



4日目、最後の都市トリノ行きのフレッチャロッサは9時発。
さすがにトリノは寒いでしょう。雪も残っているようです。

e0212073_12431942.jpg


トリノまで10分ほどの1つ手前の駅までの人はみんな手袋・帽子・耳当て・マフラーをつけ始め、重装備で降りていきました。。

我々もいろいろ装着してGO!

e0212073_12432168.jpg


さぶっ!!

トリノは駅から歩きます。
e0212073_12432491.jpg



かわいいお菓子屋さんやカフェがたくさん並んでいました。帰りに寄りましょう。
e0212073_19321914.jpg



映画『ミニミニ大作戦』はこんなところを爆走してたんやね。
e0212073_12432665.jpg


e0212073_12432893.jpg




サンカルロ広場に出ました。
e0212073_12433397.jpg


ここを抜けて右側に【エジプト博物館】があります。この旅行は建物に入らない予定でしたが、ここは別。楽しみにしていました。

e0212073_12433637.jpg

e0212073_12433847.jpg

数ヵ国語のイヤホンガイドを渡されましたが日本語は無くて、なんとなくぼんやり見学。
それでも量と保存のよさに圧倒されました。
ガイドブックにあったラムセス2世像はチェック。紀元前1,200年とは、、、。


カステッロ広場に宮殿や王宮が集まっています。
e0212073_18190892.jpg

Pal.Madama~マダーマ宮殿


ですが、
まずは右へ曲がってタワーを目指します。

思ってたより遠い!まだかなまだかな、、、と歩いているとRAI社屋に写ってる!!
e0212073_18190928.jpg

もうすぐのようです。


じゃーん!
e0212073_18191073.jpg

Mole Antonelliana~モーレ・アントネッリアーナ


またまた青空で申し訳ないです。
もう手袋も耳当てもはずしてます。


ここは塔の上へ登れるのと、館内は『映画博物館』になってます。
両方のチケットを購入。

建物の真ん中をエレベーターが上がります。

e0212073_18191298.jpg


あまり高くないけれど (167.5m)、素晴らしい眺望。
e0212073_18191373.jpg


街の向こうは雪山。
e0212073_18191460.jpg



1階に降りたらそのまま映画博物館へ。
まわりが博物館になっています。
コマ送りでアニメーションの原理を説明したり、三鷹のジブリ美術館みたい。


時間がなくなったし、途中で出ました。

ランチは向かいのレストランを予約済み。昔からある老舗ではないけれど、ピエモンテのお料理が食べられるようです。

e0212073_19085014.jpg



*その様子は次回、トリノで食べたものにて。
ベルを鳴らしますよ。


・・・・
トリノはフィアットの街。

映画『ミニミニ大作戦』でトラックを走ってるのはフィアット本社屋上ですって。
e0212073_18255832.jpg


今はホテルやショッピングモールになってるのかな?
宿泊者は屋上のコースに行けるそうです。

このリゴレット地区に自動車博物館があって行きたかったのですが、ちょっと遠かった。

by pompelmo-24 | 2018-01-06 18:24 | ミラノ+3都市の旅 2017 | Comments(0)  

ミラノ+3都市巡りの旅⑥ ボローニャ駅でダッシュ!

2017年12月18日から4泊で弾丸イタリア旅行。

前回⑤ボローニャ街歩きはこちら。


広い広いボローニャ駅で、なんとかホームを見つけ待っていました。
チケットを見てみると車輌番号の横に7Bと書いてあります。ホームで待っている場所の表示には7Aと。
e0212073_12541567.jpg



列車が到着して、ここでいいのかなーとか悩んでいると、スーツを来たおじさまが「どうしたの?」って。
「あー、これは違う車輌だよー。」って。

うっそーん!!!
\(゜ロ\)(/ロ゜)/

どうやら2つの列車が連結されているようです。とりあえずミラノには行くみたい。
e0212073_15210626.jpg

trenitaliaからお借りしました。



前のほうに移動しなきゃ。

ホームに降りたとき振り返っておじさまに
「ロンターノ?(遠い?)」って聞くと、
なんとも悲しそうな微笑みを浮かべ「ロンターノ!」って。(泣)

しばらくホームをダッシュ。発車直前に適当に飛び乗って列車の中を移動。
車内を進んでもBの列車にはいけないんですけどね。

e0212073_19153651.jpg


車内販売の人に聞いても「違う列車よ。」と言われながらとりあえず進むと、女性の車掌さんに遭遇しました。

切符を見せると、タブレットを操作してこちら側の空いている座席に変更してくれました。

ほっ!!!

これ、日帰りで身軽だったからよかったけどスーツケース持ってたら移動は無理でした。
どうせ行けないのだから適当に空いてるところに座るしかないですかね。



ミラノにつく直前に車内のテレビで『AとBは違うからチケットをよく見て乗るところを間違えないようにね~!』
ってアニメーションで案内がでました。 遅い!

Aの1号車とBの1号車をくっつけるので7号車なんて端から端なんです。400mあるそうです。
そりゃ『ロンターノ』だわ。
e0212073_19153913.jpg


皆様もお気をつけください。

日本では普通の連結ですが、イタリアでは昨夏から始まった珍しいもののようです。
『FRECCIAROSSA in doppio』なんて検索するといろいろ出てきます。
間違える人も多いのでしょうね。

e0212073_14521167.jpg





ついでに鉄道ネタをもうひとつ。

列車のチケットは飛行機と同じくHISにお願いしました。

HISのお姉さんが
「取れました。これでほぼほぼキャンセルできない状況です。」と見せてくれた紙。
初めは「はいはーい!結構ですよー。」と言ってましたが、よく見ると
*ミラノ、ガリバルディ駅、
*トリノ、スーザー駅
となってるところがあります。
Σ( ̄ロ ̄lll)

本当は
*ミラノ、チェントラーレ駅
*トリノ、ポルタヌォーヴァ駅です。


いやいやいやいや、これ、困ります!と言って取り直してもらいました。

e0212073_12541815.jpg


イタロも見てたんやね。

取り直しはすごくややこしかったみたいだけど、知らん知らん!
気づいて良かった‼️

イタリア恐るべし。
真田丸とイタリア攻略は一筋縄ではいかないわ。

*翌日はトリノへ行きます。寒そうだわー。
続きはこちらから



by pompelmo-24 | 2018-01-04 12:24 | ミラノ+3都市の旅 2017 | Comments(0)  

ミラノ+3都市巡りの旅 ⑤ボローニャ街歩き

2017年12月18日から4泊で弾丸イタリア旅行。


*前回④ボローニャで食べたものはこちら。



レストランでタクシーを呼んでもらいマッジョーレ広場へ戻りました。

目指すのはヨーロッパ最古の大学『旧ボローニャ大学、アルキジンナージオ宮』。
世界初の人体解剖が行われた階段教室へ。 意外とこじんまり。
e0212073_00492146.jpg


隣の大教室の壁の装飾が素晴らしい。
e0212073_00492491.jpg


帰ろうと思ったら「図書館も見ていってね」と言われましたので、、、
e0212073_00492676.jpg

圧巻でした。遠く遠くまで書棚。(入室はできません。)




さて、お勉強はここまでで(早っ)、次はお友達に教えてもらったチョコレート屋さんへGO!

majani ~マイアーニ
e0212073_07050944.jpg


今回、街はクリスマス一色でした。
素敵なショーウィンドウがたくさんでしたが、特にこちらのお店は素晴らしかったです。

e0212073_07051142.jpg


e0212073_07051439.jpg


e0212073_07051689.jpg


e0212073_07051922.jpg


e0212073_09245496.jpg




そういえば、塔を見てないやん。

ブランド街のお洒落なガッレリア・カブールを抜けて適当に曲がりながら進むと食材店が並ぶ楽しい通りに出ました。

e0212073_07052256.jpg


e0212073_07052639.jpg


e0212073_07052807.jpg


e0212073_07053135.jpg


e0212073_07441769.jpg


e0212073_09122038.jpg


ボローニャらしく、生ハムのぶら下がったお店が多数。山積みのトルテッリーニなど。壮観です。
いろんな種類のサラミやモルタデッラ。お腹がすいてたら買うんだけど、ジジーナのお料理ではじけそうなので断念。。

でも、たまたまですが、この道を選んでよかった。 Via Caprarie とかVia Clavatureとか。

お店のひとつ。
Paolo Atti & figli(HP)

足元にはこんなものも。
e0212073_07442165.jpg

マイルス・デイビス
チック・コリアもありました。なんやろね。



さて、そろそろ塔が見えるはず、、、。

じゃーん!
e0212073_07442310.jpg

え?、こんなに傾いてるの??!
左側の傾きっぷりがすごい。大丈夫なのかしら。


それにしても、空が青いですねぇ。


高いところが苦手な夫が(腰も痛いしね)498段の階段を登るわけもなく、下から見上げるのみ。

街ぶらを続け、かわいい文房具店に入ったあと、これまたお友達に教えてもらった超高級ホテル、バリオーニへ向かいます。

レストランへ行くときタクシーが全然来なかったのにこりて、ホテルでお茶をのんでタクシーを呼んでもらう作戦。

e0212073_08024862.jpg


e0212073_08025046.jpg


e0212073_08025316.jpg

グリーンティーにしてみました(笑)。ほっと一息。

e0212073_08025514.jpg


作戦大成功。ゆったりできたし、フロアにいたお兄さんとお話しできたし、タクシーも呼んでもらえました。


大きな大きなボローニャ駅に戻りホームも確かめ列車を待っていると、ちょっとトラブル。

続きは次回に。

e0212073_09122640.jpg


e0212073_10120644.jpg




by pompelmo-24 | 2018-01-03 07:24 | ミラノ+3都市の旅 2017 | Comments(2)