人気ブログランキング |

カテゴリ:イタリアのこと( 25 )

 

荒井裕子さんの展覧会

イタリアの風景を水彩画で描いていらっしゃる荒井裕子(あらいひろこ)さん。

大好きで、毎年カレンダーを買っています。
e0212073_1751469.jpg


その荒井さんが個展をなさると聞いて、初日に行ってきました。
場所は飯田橋。JRや地下鉄から、歩いて3分のギャラリー。
e0212073_1620192.jpg





フラりと入ってびっくり!ご本人が!!!

さらに観覧者は私だけ。

ひやー、感激です!!
画集やカレンダーを購入してサインをしていただきました。

e0212073_17121545.jpg

e0212073_16224894.jpg




ギャラリーには普段見られないアクリル画も。 (お知らせのハガキ)
e0212073_1629428.jpg


素敵素敵!! 画集はアクリル画の作品です。印刷が難しいんだって。


荒井さんはイタリアの絵を描かれるんだけれど、特にベネチアがお好きだそうです。
カーニバルの絵も素晴らしかったわ~~。



ユキキーナ先生がブログで紹介していらしたシエナの絵の原画も展示してありました。 


そしてそして、絵に値段が書いてなかったのですが、もちろん販売もしているとのことで値段表を見せていただき、ベネチアの水彩画を、購入しちゃいましたー!
小さいのだけどね。


わー、届くのが楽しみだー!!
どこに飾ろうかな。部屋を片付けないとね。



*荒井裕子さんのHPはこちら
*ギャラリー ii-BRIDGE さんのHPはこちら

*展覧会終了後届いた絵は こちらから。

展覧会は今週の土曜日までです。(最終日は5時まで)
e0212073_1637146.jpg

e0212073_17133657.jpg

by pompelmo-24 | 2014-02-10 17:22 | イタリアのこと | Comments(0)  

最近見たイタリア映画(?)

やっと『 ローマでアモーレ』 を見に行きました。
e0212073_042167.jpg


ウッディ・アレン監督最新作
『それでも恋するバルセロナ 』・『恋のロンドン狂騒曲 』・『ミッドナイト・イン・パリ 』 に引き続いて都市シリーズ(?)第4弾!!

(『・・・バルセロナ』は先日借りてきて見ましたが、ちょっとピンと来なかったわ~。)


でも、この映画は、ウッディ・アレンの不思議な世界観に乗っかって楽しめば爆笑爆笑!!
こっちのペネロペは大好き~♪




どこかで見た人たち・・・・・・と思ったら、
建築家を目指すアメリカの少年は『ザッカ―バーグ』 だし、
正統派超二枚目❤ 若き弁護士は『ミラノ愛に生きる』 の長男だし、
さらには『明日のパスタはアルデンテ』の次男も出てくるし・・・・。



次回ローマに行ったら訪れたいと思っていた、トラステヴェレの町並みも見られます。

イタリアに興味無い方にもオススメですね。もう終わっちゃうけど。



*******



そして、上映最終日最終回に飛び込んで見た
『愛さえあれば』

e0212073_063433.jpg


大好きなピアースブロスナン主演で南イタリアでのお話となると、大きいスクリーンで見ないわけにいきません。



・・・・・・・見ました。。。。



しかーし! 南イタリアの風景、でてこないやん!
南イタリアのヴィラって設定で家の中が主。レモン畑とね。

さらに、イタリア語じゃなーーい!!    !!(゜ロ゜ノ)ノ
なんと、デンマーク映画でした。ほぼデンマーク語。  ( ̄□ ̄;)!!

イタリア語は街のカフェと床屋さんで "ブオンジョルノ~" って言うくらい。



私はピアース・ブロスナン好きだからいいんだけど、イタリア語聞きたい・イタリアの景色見たい!という方は見なくてもいいかもね~ーー。  ┐(´ー`)┌


************

そして、遅ればせながら、ロバートデニーロの『昼下がりローマの恋』を借りてきました。
e0212073_5543482.jpg


んんん~~~ これもピンとこなかったかな~。  
映画はやっぱり映画館でじっくり座って集中してみないとだめなのね~。

モニカ・ベルッチ、きれいすぎる!
48歳って。   腰が抜けるほど驚いた!!

by pompelmo-24 | 2013-07-02 05:41 | イタリアのこと | Comments(2)  

ラファエロ展  

遅ればせながら、

上野西洋美術館の ラファエロ展に行ってきました。


e0212073_14492818.jpg



残り日数あとわずか。 でも、やっぱり行ってよかった~。

平日夕方4時半頃に着きましたが、チケット購入の列は無くてスムーズに入場。

中は混み合っていましたが、背が高い方なので少し離れてなら問題なく観賞できました。

最近、美術館で双眼鏡を使ってる方も多くいらっしゃいますね。
絵画鑑賞専用・・・っていうか、至近距離用なのかな。
たとえば⇒こちら




************
Raffaello ラファエロ展 HP

国立西洋美術館   
6月2日まで 月曜休館
5月28日~6月1日は午前9時30分~午後8時(入館は30分前まで)
【ご自身でお確かめの上、お出かけください。】
************




上野駅と言うと、ドミニクサブロンのクロワッサン~~!!!と意気込んで構内をウロウロしましたが、 大規模なエキュート(JR構内ショッピング街)になっていて、ドミニクサブロンは閉店してました。

結局、ASANOYA でパンダパン購入。 ブルーベリーパンも好きなのよー。
e0212073_1459057.jpg


割ってみた(ごめんよ~~)。  白と黒のチョコチップが ぎっしり!! \(^o^)/
e0212073_155527.jpg

by pompelmo-24 | 2013-05-25 23:34 | イタリアのこと | Comments(2)  

シチリアの人情刑事

4月から始まったイタリアのテレビドラマが話題です。

【AXNミステリー】ってチャンネルで見られます。

[ IL COMMISSARIO MONTALBANO ]


e0212073_23492323.jpg


直訳は 《刑事モンタルバーノ》 ですが、
日本語名は《シチリアの人情刑事》 。

昭和な題やねえ。
でも、これがこのドラマをバッチリ表してるのよ~~。人情があるのよ~~。

この刑事が日本的だと、べたぼめなのが茂木健一郎さん
たまたま見たこのドラマにはまってしまったようで、番組のHPにもロングインタビューが載っています。


シチリアの景色が素晴らしく、モンタルバーノの自宅も海沿いで素敵なのよ~。
方言では無いイタリア語はイタリア語学習者にはもってこいの素材だそうですよ。

つくられたのは古く、ドラマの中では『リラ』が使われています。
もちろん携帯電話なんかありません。(部下は持ってる。)

今までは3回終わってて今週は第4話。
再放送を含めだいたい3回やってます。次週もだいたい同じ時間のはず。 

13/04/12(金)20:00 『字』 第4話「テラコッタの犬」
13/04/12(金)25:00 『字』 第4話「テラコッタの犬」
13/04/14(日)18:10 『字』 第4話「テラコッタの犬」


お住まいの地域のケーブルテレビ等をご確認くださいね。

★モンタルバーノ~シチリアの人情刑事 HPはこちら。


***********

それから 4月から始まったと言えば、
東京のラジオ・インターFM の月曜~木曜・18時~20時、 
【MONDO MUSICA】

イタリア人とのハーフの野村雅夫さん(顔は100%イタリア人)がDJ なので、イタリア語がバンバン聞けます。
ジングルもイタリア語だし、色々なコーナーのタイトルもイタリア語。

かかる音楽は番組のタイトル通り『世界の音楽』。 選曲がオシャレなのよ~。
嬉しい番組が始まりました。 オススメです。   FMの76.1で聞いてね。


★MONDO MUSICA 番組HPはこちら。


e0212073_0354430.jpg

by pompelmo-24 | 2013-04-12 00:44 | イタリアのこと | Comments(0)  

塀の中のジュリアス・シーザー

久しぶりにイタリア映画を見ました。

『塀の中のジュリアス・シーザー ~Cesare deve morire 』
e0212073_18183972.jpg


塀の中・・・でおわかりと思いますが、刑務所の話。
刑務所の更生プログラムに演劇指導があって、ローマ郊外の刑務所で素晴らしい演劇が行われています。
それを見た映画監督・タヴィアーニ兄弟が申し入れて撮影が決まったそうです。


でも、ドキュメンタリーではなく、囚人が演じる『シェイクスピアのジュリアス・シーザー』を撮った映画。(イタリア語でシーザーはチェーザレという発音になります。)



何度もあちこち確認しましたが、どうも本当の囚人が演じているみたい。
上の写真のヒトタチね。

みんな、殺人や麻薬販売やさらには累犯で17年・24年・終身刑などの服役者です。



でも素晴らしい演技。ほんと、役者さんかと思ってしまいます。実際に服役した後、役者になった人もいるんだって。


ま、この人たちのせいで亡くなった方や、そのご家族がおられるわけだから、そこのところは忘れちゃいけないんだけれど・・・・・。。。。。。




東京では、京橋の銀座テアトル・シネマ のみの上映。
ホテル西洋銀座のところですね。ここではよく舞台も見ましたが、5月で取り壊すようです。
e0212073_18235436.jpg



*映画のHPはこちらから (←音が出ます!!) 

e0212073_18255418.jpg

by pompelmo-24 | 2013-02-09 10:03 | イタリアのこと | Comments(0)  

テルマエロマエ 実写映画化!!

『テルマエロマエ』が映画化されます。
いよいよ4月28日(土)公開!!!

e0212073_2174113.jpg



きゃ~♪ すごい==楽しみ==♪ O(≧▽≦)O


・・・・・・・、テルマエロマエ って なに???? と思われる方も多いでしょうか。


第14回手塚治虫文化賞短編賞はじめ、数々の賞をとっている漫画です。原作はヤマザキマリさん。
「コミックブーム」にて連載中。単行本は4巻まで出ています。

e0212073_21111425.jpg

                           (頭に手ぬぐい乗せてるし・・・・^^。)






古代ローマ、ハドリアヌスの時代、風呂専門の設計技師ルシウスがひょんなことから
現代日本の温泉や浴場にタイムスリップし、日本の風呂文化に触れていろいろ珍事件を
おこした後、また元の時代に戻り、日本での体験を生かして風呂を作る・・・・

という、奇妙キテレツなお話なんだけど、これが面白いのよ=。




さて、映画。



これを実写で撮ろうってんだから、壮大な計画ですよね。



監督はあの映画「のだめカンタービレ」の武内英樹さん。
          ~料理研究家・前澤由希子先生の実のオニイサマです。~


古代ローマってことで、なんとなんと本場イタリアの大撮影所チネチッタでロケ敢行。


でもさーーーー、『ローマ人』って日本の俳優さんで大丈夫なのぉぉぉぉ?????

とご心配される方もおられますよね。




まぁちょっと、キャスト見てよ。

阿部寛・北村一輝・宍戸開・市村正親(敬称略)・・・・・・・ローマ人よりイタリアっぽい顔。


上戸彩さん、笹野高史さん、竹内力さんは『平たい顔族』。つまりニッポン人。





公開まであと少しです。楽しみ楽しみ。



北村一輝さんは、4月からNHKイタリア語講座に出演なさっていますね。ガンバレ!(←上から目線)
e0212073_041538.jpg



*映画テルマエロマエのHPはこちらから

by pompelmo-24 | 2012-04-12 08:50 | イタリアのこと | Comments(2)  

最近見た映画

最近、、、

といっても、昨年の終わりに見た映画

GOMORRA
e0212073_2241518.jpg


『マフィア』というのは、本当はシチリアに限っての怖いヒトタチのことです。
イタリアではその地方によって怖いヒトタチの名前が違います。

これはナポリの怖いヒトタチ『カモッラ』についての映画。
原作の分厚い本はずいぶん前に買って、長い間、布団の横に置いたままだわ・・・。(汗)

カモッラのいろいろ悪事を暴いたドキュメンタリーに近い映画です。
例えばナポリのゴミ問題。

怠慢なイタリア人が収集をさぼってゴミがたまってるというイメージですが、実はカモッラが絡んだ深刻な問題です。

北イタリアの大きな会社へ行って、「安くゴミの処分を請け負います。もちろんきちんと処理して・・」と大量のゴミを南へ持ち帰り、、、、、、そして適当に捨てる。。。。。
その繰り返し。
もちろん、処理なんかしません。そのまま。

ゴミを運搬中、そのゴミをかぶってしまった運転手は瀕死の重傷。

その近くには普通に人が生活しています。 ( ̄□ ̄;)!!

なんて感じの話のオムニバス映画。
怖・・・・・。


   *******


それから 先日やっと見に行けた映画。

El Bulli ~エルブリの秘密
e0212073_9533439.jpg


スペインのカタルーニャ地方の海岸にある「世界一予約のとれないレストラン」。
(年間客数8000人、予約問い合わせ200万件)

半年間完全にお店を閉めて次期メニュを研究するところを撮った、こちらはドキュメンタリー。
料理人たちがいろいろ考案して、シェフ、フェラン・アドリアに見てもらいます。

料理っていうか、注射器を使ったり理科の実験みたい。

コースには35~40種類のお料理を出すってことなので、そりゃいろいろ考えないとね。
日本の食材にも興味があるらしく、ユズやマツタケ、柿、、、、抹茶や梅干しまで登場します。
最後、フェランは茶筅でお抹茶たてて飲んでたね。(もうちょっとしっかり たてて欲しかったわ。)

ぎりぎりまでメニュを考察して納得がいくまで改善します。
一度行ってみたい・・・けれど昨年レストラン業務は終了してしまいました。

お料理の映画ですが、弟子たちの人間模様も垣間見られます。
みんな自分の考えた料理を採用されたいもんね。

もうすぐ終わっちゃうかも。是非ご覧くださいネ。
最後の写真が素晴らしいです。



   *******


私は今月お誕生月なので、吉祥寺だといつでも1000円で映画をみられます。

お正月には2度目のリアルスチール
先週はミッション・インポッシブルを見てきました。

e0212073_16593452.jpg



もう きみはペット❤も始まってるし、今週末は麒麟の翼が公開ですね。


1月は見たい映画がたくさんあって嬉しい! o(*^▽^*)o~♪。

お友達の皆様、私と行けば、同行者1名まで1000円だよ====。。。。

by pompelmo-24 | 2012-01-25 13:12 | イタリアのこと | Comments(0)  

イタリア映画 2題   

終わった映画を御紹介するのもどうかとは思いましたが、、、

先月イタリア映画を2本見ました。
銀座和光裏 シネスイッチ

e0212073_9215164.jpg


10月で終了だったので、もう行けないわ・・と思っていたのですが、立て続けに数人から
「どちらも すっごい おもしろいよ!!」 と言われたので時間を作って行ってきました。




《人生ここにあり》

e0212073_9244471.jpg
労働組合の中で、熱血過ぎて嫌われて
精神を病んでいる方々の仕事場の管理に回された
主人公が、その方たちの能力を見出し
会社組織にまでするという実話を映画にしたもの。

重いテーマだけど大笑いしながら進みます。









話には直接関係ないですが、この映画を見て思ったのは『パートナーは大事』ということです。
主人公は さえない中年男性なんだけど、パートナーの女性がすっごくかっこよくて素敵で、
こんな女性が好きになるなら この男性も素敵なんだろうと思ってしまうわけです。

mmm・・・・・。。。。 我夫には申し訳ないことです・・・。あやまっとこ m(_ _)mぺこり






日を改めてもう一本。

《あしたのパスタはアルデンテ》


e0212073_9372180.jpg
こちらは大パスタ工場社長の息子がGAYだったというお話。(かわいい男の子がたくさん出てきます。)

家族が街の人にそれを恥じて
隠して過ごすところが面白かった。
南イタリアってまだまだ保守的なんですね。










私は映画もドラマも、全く知らない状態で見たい派です。
この2つの映画も「面白いよ」とだけ聞いて見に行ったのですが、《人生ここにあり》を見たとき
《あしたのパスタ・・・》の予告編でキモの場面を見てしまい、すっごく残念でした。
知らないでそこを見たら、大爆笑だっただろうに・・・・。









イタリア映画はまじめで暗くて難しい・・というイメージですが、最近はこんな風に爆笑の中で
家族愛や社会的意見を表現するものも増えています。




次は イタリア映画じゃないけど・・こちらが楽しみ。12月公開予定です。

e0212073_9533439.jpg

by pompelmo-24 | 2011-11-09 10:17 | イタリアのこと | Comments(0)  

イタリア鉄道の旅  ~wowow

今年はイタリア統一150周年。
それに合わせてwowow がイタリア周遊鉄道の旅を放送するそうです。

『イタリア統一150周年記念! 北から南まで全土を周遊する鉄道旅』

《Railway Story 統一イタリアの大地を行く》
 
                   



e0212073_2325337.jpg

             (写真はイメージです。ベネチアS.lucia駅のEUROSTAR、2010)



全4話
Part1:トリノ、フィレンツェ、ローマ
Part2:ナポリからシチリアへ
Part3:アドリア海に沿って
Part4:アドリア海からヴェネチアへ

7月3日(日)、9日(日) 午前9時~11時 2話ずつ放送


番組スペシャルサイトはこちら 

by pompelmo-24 | 2011-06-21 23:44 | イタリアのこと | Comments(0)  

四つのいのち  ~イタリア映画

『 四つのいのち ~Le quattoro volte 』という映画を見ました。




渋谷・宮益坂を上がって歩道橋を過ぎてスタバを右へ。


e0212073_2202979.jpg
シアター・イメージフォーラム


       座席は60席あまり。

          私が見た回は・・・・5人・・・。










なんだか不思議な映画でした~。

e0212073_22354883.jpg


セリフは全くなし。

イタリア南部
カラブリアの山間のひなびた村で山羊を飼う農夫
彼が死んだ時、生まれた子ヤギ
子ヤギが群れからはぐれて力尽きた大きな木の根元。
その木を切り出して昔ながらの製法で作った

いのちは回っているというのがテーマですかね。


特にストーリーは無く
延々、山羊や村の暮らしの長まわし映像。

しかし、ところどころ、クスっと笑うところもあったりして。








映画見終わった人は全員、モヤさまの『熱海城の大竹さん』の顔になってました。
(分かる??)  (*^m^*)






ロビーにマイナー映画のちらしがいっぱい置いてあった中に、エリオさんのお店のパンフもありました。カラブリアの映画だからかな。エリオさん、カラブリア出身。

何度か行ったことあるけれど最近行って無いです。行きたいです。

               エリオ・ロカンダ・イタリアーナ ~半蔵門
e0212073_919174.jpg


e0212073_9193227.jpg

by pompelmo-24 | 2011-05-30 22:32 | イタリアのこと | Comments(0)