人気ブログランキング |

コーヒーのこと  ~sogno nel casetto

イタリア語のクラスで、半年に一度自由研究を発表するって授業があります。一応ノート等見ないで発表します。

今回(2015.1.20) 私が調べたのは珈琲 について。

半年・・・・ではなく実際には〆切の2週間前くらいから取り掛かったのですが、これが面白い面白い!!

ちょうどなんだか忙しいことが重なったので全く覚えられず、しっかりノート見ながらの発表になりましたが(たぶん覚えるってのが大事なんだろけどね)、せっかく調べてまとめたのでここに書き残しておこうと思います。

長くなるかもだけれど、よかったらおつきあいください。 m(_ _)m
イタリア語で発表しましたよ~。^^

******************************


いま、世界でコーヒーは『第三の波』の時代と言われています。

第一の波 ~1970年 珈琲が大量生産されて、一般家庭でも楽しむようになりました。

第二の波 1971年スターバックス誕生。濃い深煎りコーヒー(エスプレッソ)をミルクで割って楽しむなど、それまでと違う飲み方を提案。セルフサービスで提供。 元は『イル ジョルナーレ』 という名前の会社でした。イタリア語ですね。 この時期タリーズなど『シアトル系』 のお店が増え、今でも多く見られます。

中にはシアトルズベストコーヒー なんてお店も。これは新宿南口。
e0212073_21174362.jpg


日本には1996年、スターバックスが上陸し、この時期日本でもエスプレッソが認知されました。

第三の波 そして現在は豆や豆の産地農園を重要視し、豆に合わせた焙煎、豆からカップまで1杯1杯丁寧に作ります。エスプレッソではなくドリップ式。そしてフルサービス。  シアトルにスターバックスがこのタイプの巨大なお店を作りました。目の前で焙煎ドリップします。

日本でもコメダコーヒー茶亭 羽當など、昔ながらのコーヒー店が流行ってきてますね。

アメリカでこのタイプの『ブルーボトル』 というお店が拡大していますが、いよいよ3月、青山にやってきます。楽しみ楽しみ!! (清澄白河にはもうオープンしましたね。)
e0212073_2313390.jpg


渋谷神南の『FILBERT STEPS』 もこのスタイル。自分で豆や淹れ方を選べます。 
超カッコイイお店!・・・と思ったら JOURNAL STANDARDの系列なんだって。
e0212073_2032911.jpg

e0212073_2023738.jpg



      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、コーヒーの歴史の中で一番有名なのがこの話。

9世紀(諸説あり)、エチオピアの高原で、山羊が赤い実を食べた後、興奮して飛び回ってるのを山羊飼いのカルディが見ました。その赤い実が珈琲! 全国展開する珈琲雑貨カルディー・コーヒー・ファームはこのカルディーさんから付けた名前ですね。 店内良く見ると、カルディーさんと山羊の絵が多く使われていますよ。赤い実もあるね。
e0212073_23145665.jpg


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イタリアでは独特な珈琲文化があります。
1720年 ヴェネツィアでヨーロッパ最古のカフェがオープンし、現在も営業中。
『カフェ フローリアン』 (2011年に行きました。 昔のままらしいです。)
e0212073_103025100.jpg

e0212073_10303722.jpg


さらに、
1898年 フィレンツェに初めてのバールができました。 『BAR MANARESI ~マナレージ』
大きいカウンターがあってそこで立ち飲みというポピュラーなバールのスタイル発祥の店。

今ではイタリアに700の珈琲豆焙煎の会社(torrefazione)、15万軒のバールがあるそうですよ。


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先ほど、第3の波で一人一人に丁寧に珈琲を入れるようになった・・・・・と書きましたが、イタリアのバリスタではそんなの元々のジョーシキ。

いつも来るお客さんには黙ってても好みの珈琲を作るし、お客さん同士の会話等にも気をつけて、二日酔いの人には少し酸味を強く、疲れてる人には少し濃いめなど、その人に合わせて黙って作ってくれます。


あ。そうそう。。、「バリスタは砂糖を入れずに飲むことを全く想定していない」というのを読んだので、私も必ずお砂糖を入れることにしました。 イタリア人はお砂糖を大量に投入しますよね。


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、イタリアの珈琲はとーーーーてもたくさんの種類がありますが、これを発表してると日が暮れるので、書き出して配りました。
e0212073_2311183.jpg



皆さんよくご存じのカプチーノでもいろんな種類があるんですよ。
・カプチーノ キアーロ  ・・・・・・・・・・・・ミルク多め
・カプチーノ スクーロ  ・・・・・・・・・・・・ミルク少なめ
・カプチーノ コン フレッド ・・・・・・・・・冷たいミルク
・カプチーノ センツァ スキューマ・・・・泡無し
・カプチーノ タンタ スキューマ・・・・・・泡たくさん  

アッフォガート(アイスクリームに珈琲をかけたもの)やマッキアート(エスプレッソにミルクを少し。このミルクも冷温選べます)も日本ではおなじみですが、 リストレット(濃~~いエスプレッソ)、カフェ・コレット(ブランデーをたらしたエスプレッソ)、等も試してみてくださいね。 カフェイン抜きはディカフェナート、日本風の普通の珈琲が飲みたい方はカフェ・ルンゴです。

カップもガラス製を選べたりします。 「カフェ・イン・ベートロ」 と言ってみましょう。


 

10年ほど前まで日本にはイタリアの珈琲といえばラバッツァイリーくらいでしたね。
それが今はたくさんになりました。
・ラバッツァ --トリノ
・イリー  ---トリエステ
・ボンドルフィ--ローマ
・キンボ----ナポリ
・ル カフェ---ローマ
・パッサラアクア--ナポリ


有楽町のイリー、エスプレッサメンテ   かっこいい~!
e0212073_205044100.jpg


代官山のボンドルフィ・カフェ  ☆行ってみたエントリーはこちら。
e0212073_20514143.jpg

e0212073_20515653.jpg


ルカフェ  このおじさん、南麻布アンティキサポーリで出てきます。  ☆また行ったエントリーはこちら。   
e0212073_20539100.jpg


ラバッツァ  私物のカップです。片岡物産のアンケートに答えたら送ってくれた! このロゴ好きなのよ~。
e0212073_2054422.jpg




さてさてさて、上のリストの中でも、一番変わってるのがこれじゃないでしょうか。
カフェ・ロマーノ

e0212073_2172964.jpg

なんと!!レモンスライス入り。   やってみた図↑。

あのね~。。。。不味くは無いんですよ。さっぱりする。   
。。。。。。でもねぇ、なんか変な感じ。脳と舌とがつながって無い感じ。


         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では最後に、珈琲にまつわる名言をいくつか。

『珈琲と愛は熱い時が一番である』

『夜明けを連れてくるのは太陽ではない。エスプレッソである。』


最後の最後は、村上春樹氏が「象工場のハッピーエンド」の中で「コーヒーを扱った文章の中でも僕はいちばんこれが気に入っている」と紹介しているリチャード・ブローティガンの言葉

『Somtims life is merely a matter of coffee and whatever intimacy a cup of coffee affords』
e0212073_23201332.jpg



          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文章にするとダラダラ長くなりました。最後までお読みいただきありがとうございました。私がちょろちょろっと調べたことなので間違いが多いかもしれません。 すみません。。。。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


だいたい、いつもこの企画、「やりたくな=い」ってブーブーいってるんですが、今回は面白かった~! これは調べた中の一部でして、エスプレッソ発明した人(ルイジ・ベゼラ)の話などなど、まだまだいろいろあるんですがキリが無いのでこんな感じに仕上げて発表したのでした。

家ではいつもマシンを使ってましたが、発表の後はマキネッタでいれて飲んでいます。
e0212073_2333436.jpg


珈琲はおいしいねぇ。 



ミラノにて。。。
e0212073_21455569.jpg

by pompelmo-24 | 2015-02-06 23:24 | おいしいモノ | Comments(6)  

Commented by bacaro-ferro at 2015-02-07 23:38
むっちゃ勉強になったっす・・・
ヴェネツィアには「Caffe Del Doge」というコーヒーショップが
あって、ここで人間観察するのが好きです。
みごとな自己申告制後払いで、
店に入るなり、コルネットをわしづかみな人がいっぱいいて、
笑えます。グッズはお土産にも。
Commented by pompelmo-24 at 2015-02-08 09:46
コメントありがとう~♪ 私も全然知らないことばかりで面白かったのよー。、、、と言ってもネットサーフィンしただけなんだけどね。
お気に入りのカフェがあるっていいよねー。いただいた赤い紙袋は大事にとってあるよ。行きたいわ~。
イタリアのクロワッサンは甘い詰め物がしてあったりで面白いね。 みんな、ちゃんと支払いしてるかな??
Commented by maron nyan at 2015-02-08 10:29 x
はじめまして!イタリア好きから訪問させていただきました。コーヒーの話すごく勉強になって楽しかったです。ローマ好きなので目黒のお店も行ってみたいです😊
Commented by pompelmo-24 at 2015-02-08 12:53
maron nyanさん、はじめまして! ご訪問ありがとうございます。嬉しいです♪ コーヒーの話、楽しんでいただけてよかったです。是非是非本場ローマでいろんなコーヒーをバリスタさんに作ってもらってくださいね。
目黒には『ランテルナ・マジカ』ってローマ料理の人気店もありますよ。予約が取れなくてまだ行ってないんですけれど。
こんな感じでグダグダなブログですが、よかったらまたのぞきにいらしてくださいね。よろしくお願い致します♫
Commented by cibiyukiko at 2015-02-08 22:58
少し前からやけにボンドルフィに反応してると思ったら、こういうワケだったのですね~。昨年、ローマの激コミ店のテーブル席で、お会計をすっかり忘れられている感じで、何度声をかけてもお会計をしてくれなかったのですが、シエキチの教育上よくないので無理やりお支払いしました。当たり前ですが。。でもイタリア人で、「いいよ払わなくて、行っちゃえ、、」みたいな人、みたことないですね。
Commented by pompelmo-24 at 2015-02-08 23:24
せんせい!コメントありがとうございますっ。そして、だらだら長いのをお読み頂いたようでありがとうございましたっっ!
イタリア人って意外と、きっちりさんだったりしますよね。何にでもアイロンあてるし。 そうか! 支払いもきちんとしてるのねー。
ボンドルフィはね、最近、いろんなお店でよく見るのですよ。なのでなんだかあのハナタレ坊やに親近感わいちゃってね~。
今度レッスンにいったらモカのコーヒーのことでちょっと伺いたいことあるんです。
トスカーナレッスン、楽しみです~♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ゆず茶ができちゃった 目黒でローマ料理 >>