弘前旅行 ③   *ついに『ダ・サスィーノ』 訪問 

まずはお店を予約できなければ弘前に行く意味がありません。
電話してみたところ、予約できたんだけど
「8月〇日 7時から1名様ですね、笹森がお受けいたしました~!」って。
ひえ~~~~~~汗!!  シェフじゃん~~~!! 汗汗!!! (@_@;)


どしてこのお店が有名かというと、、、、、。
地産地消ってことで、ご自身の畑で採れた野菜をつかう・・・なんて今どき珍しくないですよね。笹森シェフはハムやチーズまで作っちゃいます。お魚とってきたりね。最近はなんと葡萄を育てて、ワインも作ってるそうです。
そんな材料をイタリアじこみの腕で調理したお料理を美味しくいただくことができるお店なのですよ。



さて、駅前からタクシー。
「サスィーノってイタリアンに行きたいんです。大学病院の近くだと思います」というと運転手さん少し考えて「あーーはいはい!」と連れて行ってくれました。

お城の近く、バス通りから直角に路地を入ったところです。 2階。
わー! この階段、情熱大陸で見たわ~!!
e0212073_19535087.jpg


階段の下には『本日満席です』ってお知らせが。ほーーー。

扉を開けると、オープンキッチンになってます。 白を基調にしたシンプルでカッコイイ内装です。
e0212073_1959799.jpg


電話では、カウンターになるかもと言われてたのですが、きちんと4人席の一つをとって下さってました。

なんと、シェフはホールを担当。 もちろんキッチンにも入るけれど、基本的にシェフがサーブしてくださいます。ひや~ドキドキするやん。  ほかは若い男の子2人。




とりあえずスプマンテをいただいて。 メニューは8000円のおまかせコースのみ。


*自家製モッツアレッラのカプレーゼ。
e0212073_208511.jpg

お好みでオリーブオイルをかけて。。。。こんな器! 楽しい==。
e0212073_2095375.jpg





*自家製生ハムの盛り合わせ
e0212073_20112031.jpg

馬のブレザオラやモルタデッラ、鴨の生ハム などなど。 丸いのはメロンです。

説明してくれたのがすっごい大阪弁の男の子で笑ったわ。



*マグロのタルタル。リンゴのビネガーで和えてあります。黄色いソースはザバイオーネ。 
「僕が竜飛沖で取ってきたマグロです。。。」って。   はぁ?????シェフすごすぎる!!
e0212073_20135145.jpg

スプーンに盛ってあるのでそのままどうぞ。
e0212073_20155762.jpg





*自家製パン   
e0212073_2016346.jpg

パンは食べなくていいかなと思ってたんだけど、なにやらピンクで美味しそう。 大阪弁の男の子に聞いてみるとトマトペーストを練り込んでますって。他は黒オリーブ、フェンネルシード、クルミとレーズンだって。これはいただかなければ!
フェンネルシードがすっごくすっごく香り高くて驚きました。





*『だけきみ(トウモロコシの青森弁)』の冷たいスープ。丸いのはシャモレバーのコロッケ。コロッケは熱いの。
e0212073_20225061.jpg

もーなんて繊細なんでしょう。




お酒のメニューに『サスィーノ ロッソ』 と『サスィーノ ビアンカ』 を発見! 白をいただきました。
果実味をすごく感じるけれどキレがあって・・・・・。 なんちゃって。
e0212073_2028587.jpg





*イワシとウニとカニのパスタ。自家製フェンネルを乗せて。
e0212073_20315365.jpg

これこれこれ!! これがもう、本当にすごーーーーーく美味しかったのですよ。
あのね、食べて無くなるのがもったいない!って感じ。ずーーーっと食べ続けていたい==!って感じ。
少しずつゆっくりいただきました。  こりゃすごいわ!!




*ラビオリ。本日はキャンディーの形になっております。
中はパンチェッタとリコッタとビエトラ。ソースはビーツとケシの実
e0212073_20401883.jpg




*メインは馬。 コリンキーのソース。黒いのは葱を黒く焼いて粉にして土に見立てたものです。
e0212073_2046948.jpg




*自家製チーズ。 まわりのは黒胡椒です。 桜のハチミツがかかってます。 
e0212073_20472668.jpg




*デザート ザバイオーネのグラタン(かな?バーナーで焼いてあるの)。リンゴのコンポートが隠れています。 ブルーベリー、ブラックベリー、すいか。  真ん中はミントのジェラート。
e0212073_20501385.jpg





*最後に小菓子 自家製アルケケンジ!! (食用ホオズキのチョコレートかけ)
e0212073_2152294.jpg




「お飲み物はエスプレッソ、ダージリン・・・・」ときかれたので、その前にと、ドリンクメニューにあった自家製リモンチェッロを注文してみました。

グラスが2つ出てきて、「中と小 どちらになさいますか??」と聞かれたので
「中でお願いします ( ̄^ ̄) 」。
「およろしければ、大もございますが」だって。笑!   中でいいです。
e0212073_20571883.jpg

これまたおいしかったわ。
e0212073_21323628.jpg



もーほんと幸せ幸せ!!
e0212073_20593979.jpg


すっごくきちんとしたお店で、ナイフやフォークはお皿ごとに変えられました。最近では珍しいね。

基本的に野菜系は自家農園でとれたものです。ハムやチーズなど加工品は自家製。
徹底していて気持ちがいいです。
西荻窪『29』 の竹内シェフはサスィーノ出身。笹森シェフの心意気がしっかり伝わってるんですね。



緊張してシェフと特に話することはなかったんですが、美味しかったわーーーって気持ちは伝わってるはず。(お話するネタはいくつか持ってたんだけどねー。)
東京から一人で食べにくる女性なんて一杯いるんだろうなーーー。



すぐまた行きたいっっっ!!!
是非是非ツアー組んでいきましょう。


実は今、弘前はフレンチ押しなんです。ガイドブックにも『弘前フレンチ』 なんて見開きの特集があるんだけど、サスィーノは載ってないの。 ま、本当に行きたいお客さんが行けばいいのね。ただでさえ満席なんだから、観光客が増えてもね。


近くにはピッツエリア・ダ・サスィーノ、 青森の海沿いにはガレッテリア・ダ・サスィーノがあります。お昼はガレットでもいいね。電車は1時間に1本だけどさ。

ピッツェリアはバスから見えました。
e0212073_21175977.jpg



オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ  
HPはこちら。
*行くぜ東北のサイトでの紹介記事は こちら。
*シェフごはんってサイトでの紹介記事は前編はこちら。 後編はこちら。(←シェフの歩んでいらした道のりやこれからの思いがよくわかる良記事)

☆以上、レポート終了ですが、材料など間違えてるかもしれません。適当に読み流してくださいね。雰囲気が伝わればいいかと思ってます。すみませんです。

*翌日、ローカル線でふらり一人旅の様子は こちらから。


e0212073_2213740.jpg

by pompelmo-24 | 2015-08-27 08:34 | 国内旅行 | Comments(3)  

Commented by casadelsole at 2015-08-28 09:58
弘前、あまり知らなかったけど、洋館が沢山あるんだね! フレンチもおしなんて、何だか行きたくなってきた! それにしてもグランクラスすごい! 引き続き、私を探さないでください旅行は続くねかしらん(笑)
Commented by pompelmo-24 at 2015-08-29 12:27
ちょっと贅沢な旅にしてみました。フレンチもいろいろお店があったわよ~。青森は他にも奥入瀬とか八戸とか観光スポットがあるから組み合わせるといいね。弘前城の桜も見てみたいわ。
この後、ローカル線でB級グルメ食べてきました。もう少しお付き合いください~。
Commented at 2016-03-16 20:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 美術展 ふたつ 弘前旅行 ②   *弘前城と洋... >>