金田中  @渋谷セルリアンホテル

渋谷でお客様をお・も・て・な・し となったとき選んだのは、ずっと以前から行きたかった金田中。

井の頭線は裏から行くとセルリアンタワーが近いしね。
e0212073_1083550.jpg






ホテルの地下2階、夜は一組かぎり。
能舞台を見ながらの会席料理。お一人様 41580円。。。。。。

・・・では無く、2階の和食レストラン。金田中・草です。
ゆっくりお話したかったので個室を予約。
7時だけれど明るいね。
e0212073_10185772.jpg




お食事が始まりました。
e0212073_10222291.jpg

さすがどれも細かい細工がしてあって美味しぃ~。
手前の小さいつぼは『白芋茎(ずいき)の酒盗あえ』。かつおの酒盗だっけな。すっごくおいしいわ~~。
奥はところてんに蒸しウニが乗ってるの。 
なんでしょう、もう、出だしからこのクオリティー。期待が膨らみます。



お汁は 『はも』。 
e0212073_3273941.jpg

以前から「東京で鱧食べてもあかんねー」・・・・とずっと言ってきましたが、、、、
モウシワケアリマセンデシタ。東京でも鱧、おいしいです。。。。最高です。
沢煮椀なので、白芋茎や独活(ウド)、妙賀(ミョウガ)、ゴボウなどいろいろ具が入っていて食感も楽しい。



おつくりは三種盛り。
e0212073_3342955.jpg

それぞれの魚に合わせて黄身醤油やワサビ醤油、生姜醤油がかかってました。
(お品書きでは『黄身 紫』 ってなってるわ。)



ここでビールから冷酒に変更。金田中オリジナル 『蔵 吟醸』。 
お料理に合わせて作りましたって。まろやかで独特の風味があります。
e0212073_3371818.jpg





メインディッシュ===。
e0212073_338069.jpg

お品書きに『厚きり牛 しゃぶしゃぶ』って書いてあったので、旅館みたいにここで小鍋で作るのかなー、面倒だなーと思ってたら、こんな風にでてきました。
ボリュームがあって、男性陣も大満足のご様子。





最後は冷たい出汁茶漬けか温素麺(にゅうめん)かを選べます。
私はにゅうめん。
e0212073_346987.jpg





そしてさらに、なんと、デザートワゴンが登場しました。これは楽しいね。
e0212073_3475821.jpg

甘い洋酒も並んでいます。
私は白ワインの甘い系とパンナコッタ・・・じゃなくて、そんな感じのババロア的な。抹茶ソース。
e0212073_349252.jpg




それぞれにいただいたお品書きも貼り付けておきましょう。
もちろん器も素晴らしかったのですが、お品書きに器まで書いてあるのも珍しいんじゃないかな。添えてある緑まで書いてあるし。
e0212073_3554397.jpg

e0212073_3555223.jpg




今回は個室でしたが、店内は窓が大きく開放感があって、モダンなインテリアでオープンキッチンになってたりと、思っていたよりずっと親しみやすいお店でした。 金田中系列のモダンカジュアル店なんですね。
ランチは3500円から。(⇐親しみやすくはないか)。


お料理もお酒も美味しくて、会話が弾み、楽しいお食事会となりました。
鱧や鮎など季節のお味もいただいて、疲れが吹き飛んでリセットできました。
渋谷で大人が落ち着いて食事できるところって少ないので、ここは使えますね。
あ~~、井の頭線じゃない方はちょっと行きにくいかもねー。

*金田中 草  HPはこちらから。

by pompelmo-24 | 2015-07-31 10:22 | 伊・以外 レストラン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ビールの話 続き クラフトビールを飲みに行こう!... >>