クラフトビールを飲みに行こう!!    ガルエデン@外苑前

暑いよー。流行りのクラフトビールを飲みたいよーー。
と、連休 中日にお友達からリクエスト。

ほんじゃあ東横線の跡地にできた代官山・ログロードがいいんじゃない??
その中のSPRING VALLEY BREWERY に行こう・・・となったけれど、予約がとれなかったって。(ネット予約がだめだったらしい。電話したらよかったかもね。)

そんじゃあ表参道のガルエデンに行きましょう!
伊藤病院とアップルのあいだを入ってくねくねどんどん。かなり歩きますよ。
e0212073_21514419.jpg


基本はイタリア料理屋さん。 
カウンターにある10タップ全部がクラフトビールです。
イタリアだけで無くベルギーやスイス、デンマークのも。
(・・・と思ったら、1タップはアサヒ・スーパードライだったわ)

3人でいろいろ取って、呑み比べ。ワイングラスで出てくるの。かっこいいね。
e0212073_21442587.jpg


お料理もおいしいのよー。

ランチセット。
前菜
e0212073_2145135.jpg

 
パスタやセコンド4種類から1皿選びます。
ニョケッティ・白いんげんとサルシッチャのソース
e0212073_21455425.jpg


しらすとフレッシュトマトのスパゲッティ
e0212073_21464631.jpg


さらにビールをそれぞれもう一杯。
e0212073_2148297.jpg


コーヒーも付いて1600円也。 
e0212073_21493737.jpg

e0212073_21495092.jpg

e0212073_2150297.jpg


ビールはこのサイズどれも750円です。
それぞれに
『スペルト小麦を使用してフルーティーで飲みやすい』とか
『レモンやパッションフルーツを思わせる・・・』とか
『柔らかい味わいの中にオレンジのフレーバー』とか
具体的に風味が書いてあるので選びやすい。


*********************

クラフトビール(Birra Artigianale) を楽しむには少し単語も知っとかないとね。(以下、自分の勉強用記載、今後追記変更アリ)

*ピルスナー  普通に売ってる普通のビールはほとんど全部これだそうです。
*ラガ―  下面発酵・・・低温で長時間貯蔵して発酵さえたもの。すっきりした味わい
ピルスナーとラガ―の関係がわからない。。。ピルスナーはラガ―に含まれる??

*エール 上面発酵・・・常温で短時間発酵させたもの。 普通のビールに比べると苦くて濃い。 
*ペールエール  ペールは『薄い』 なので、色の薄いエールビール。。。かな。
*アンバー     ついでに色の話。アンバーは琥珀色。炒った麦芽で作る。

*IPA(インディアン・ペール・エール) ☜これ、大事!   ホップが強くて香りも苦みも味もかなり濃い。イギリスからインドまで運ぶため保存がきくようにホップを大量に入れたそうです。

*ヴァイツェン 小麦のビール。白濁している。(ヴァイツェンは独語で白)。 苦みが少なくフルーティーな香りがたつ。
*セゾン  ベルギーで作られた。農作業の途中で水代わりに飲む。苦くてスパイシー。
*サワーエール 文字通り、酸っぱいビール。自然の中に放置して空中のバクテリアを入れて作る・・・・・・って大丈夫なのかっっ!?

*ウイートIPA   ウイートは白。小麦を多く使ったIPA。
*スタウト      黒ビールですね。コーヒーっぽい苦み、フレーバーなんだって。 

ふむふむふむ。。。色の単語が多いですね。ビールは色が命なのか。
この程度でもちょっと知ってからメニュー見ると全然ちがうね。また行きましょうっと。 ログロードにリベンジしなくちゃ。


ガルエデン 食べログさんはこちら。
表参道からの記載が多いけれど、銀座線で良かったら圧倒的に外苑前駅が近いわ。

・去年行った時の様子はこちらから。 寒かったのよ~。 料金体系が変わったみたいね。

e0212073_555529.jpg

by pompelmo-24 | 2015-07-29 06:03 | イタリアン レストラン | Comments(2)  

Commented by えみらん at 2015-07-31 09:19 x
ビールってぐいぐい豪快に飲むイメージですが、イタリアンに合わせて素敵なグラスで、お色や香りも楽しみながらお洒落にいただけるお店ですね!クラフトビールって、奥が深いのですねー。
Commented by pompelmo-24 at 2015-07-31 10:06
いつもコメントありがとうございます。
そうなんです。最近はビールもこんな風におしゃれに演出されてでてきます。
都内でもクラフトビールを楽しめるお店が増えているので楽しんでくださいね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金田中  @渋谷セルリアンホテル 大磯プリンスホテルと鰻重 >>