,virgola~,ヴィルゴラ  @大阪本町イタリアン

大阪日本橋駅からでも8分、なんばからだと10分以上歩く場所なのに予約が取れない人気イタリアン 『ラ バッロッタ』 の星山シェフが、昨年末に8年続いたお店を 『閉めます!』 と発表なさって大阪がざわつきました。

どうやら本町で再開業らしい・・・・・・ということだけ分かって待つこと2カ月。
ようやく予約開始のお知らせが出ました。

4月5日開店!!! パスクワ(復活祭)だわね。

ちょうど開店直後に大阪へ行く予定だったのであわてて電話してみましたら、
5名参加で予約が取れました。 \(^o^)/


というわけで、行ってみた。


御堂筋と四ツ橋筋のあいだ。高速道路がクロスしている右下(南東)。坐摩神社のすぐ横です。

以前のお店をイメージして行くと通り過ぎます。
すっごいモダンでおしゃれなお店ですよ==。びっくり! かっこいいわ==!!

お店の一番手前が厨房です。道からシェフの姿が見えます。

開店数日後に行ったので、お花がすごい!!
e0212073_22474921.jpg

e0212073_22483049.jpg


中はこんな感じ==!!  シンプルでシックで、おっしゃれ~~!!
e0212073_22504923.jpg

例の流木はこんな使われ方。(*´∇`*)
e0212073_22553010.jpg

テーブルで20席くらいかな。 カウンター席はありませんの。




さてさて、 シェフと少しご挨拶させていただいた後、いよいよお料理が始まりました。
以前と同じ方式で、すべておまかせ。
前もって嫌いなものを伝えておくと、後は行ってからのお楽しみ。グループ全員同じ料理になります。

今回は「お肉が牛豚以外は鶏でも無理!」って人が1名いたので全員牛か豚ってことですね。


まずは付きだし的に
ウズラ豆のスープ ズッパ ディ ボルロッティ。
e0212073_2344026.jpg


鯖のアッブルストリーレ 表面を香ばしく焼きつけてあります。
緑のソースが2種。全く違うおもむきでびっくり、楽しい~♪。クレソンと葉つき玉ねぎのソースかな。
e0212073_23101042.jpg


ホタルイカ、赤玉ねぎ・人参のピューレ
e0212073_23131884.jpg


マテ貝とホウボウのキタッラ
e0212073_23144933.jpg


サルシッチャとキャベツの葉のカバテッリ
e0212073_2322088.jpg


そして、メインは 鳥取県和牛オレイン55! カリフラワーのペースト 

e0212073_2333413.jpg

e0212073_2334936.jpg


そしてドルチェはグレープフルーツとオレンジのゼリー リコッタチーズ添え。
e0212073_23371711.jpg

さっぱりする~~~ぅ。

エスプレッソはKIMBOでした。


ふ~~美味しかった!! シェフ渾身のお料理をいただきました。
よく考えれられてるメニューで、これぞおまかせの醍醐味。

全員大満足!! 
ホタルイカの評判が良かったですね。
でもやっぱりパスタ美味し==。 さすが星山シェフ!!
お肉も柔らかくて美味しかった~ O(≧▽≦)O ワーイ♪    幸せ幸せ❤


お酒もソムリエバッジの女性がこちらの好みをききつつ、お料理に合うワインをすすめてくれます。
e0212073_23472535.jpg



厨房はシェフがお一人でキリモミしてらっしゃいました。
どうぞくれぐれもお身体に気を付けて・・・・・・と言いながら、早くランチ始めてくださいね=とお願いしてしまいました。


今は夜だけ。 18時~22時。
6480円と8640円のコースです。今回は6480円にしました。
4月のお休みはこちらから。

ランチ再開は来月以降になるのかな。

*もう食べログに載ってるわ。 こちらからどうぞ。
*最新の情報は FACEBOOKから。
*『ラ バッロッタ』に再訪した時の様子はこちらから

北側隣にイタリアンの旗がでてますけど、これは違うお店ですよね。お間違えなく。
レンガ造りのお店が ",Virgola" です。

ヴィルゴラって、イタリア語で ”読点” って意味なんです。英語の『カンマ, 』ですね。なので店名に ”,” が付いてます。素敵!
シェフのいろんな思いがこめられているのでしょうねぇ。



奥にこんなの見つけました。
e0212073_015786.jpg

by pompelmo-24 | 2015-04-12 23:22 | イタリアン レストラン | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ユニバでハリポタ! ① アンティキ・サポーリ 再々訪 ... >>